アンナとひまわりの種



ある日、アンナの家に郵便がとどきました。

「わぁ~! サラちゃんからだ~♪」

差出人は、大好きな先輩サラ。

さっそく封を開けてみると、中にはお手紙と、ひまわりの種が入っていました。

「あっ、ひまわりの種! 私の大好物だ~♪」

食いしん坊である上、ヒビキと真逆で、読書や文字を読むのが苦手なアンナは、手紙を読まずに、さっさとひまわりの種を食べてしまいました。

≪もぐもぐもぐ…≫

それから。

アンナは、バキバキに画面が割れている自分のスマホを取り出し、サラに電話しました。

「もしもし、サラちゃん? ありがと~♪ ひまわりの種、と~ってもおいしかった☆」

しかし。

サラの反応は、アンナにとって、すごく意外なものでした。

「アンナったら、ひどい! 種を食べちゃうなんて!! 私はアンナに、ひまわりのお花を見てほしかったのに…」

続けて。

「だからね、ちゃんと『この種をまいて、お水あげて、お花が咲くまで育ててね』ってお手紙も、いっしょに入れておいたのに」

さあ大変。

お礼の電話をしたのに、サラは泣き出してしまいました。

「アンナのバカ! もう知らない! え~ん(泣)え~ん(泣)」

サラは女優。

もちろんこれはウソ泣きの演技なのですが、純粋なアンナはすっかり信じてしまって。

「あゎゎ…。サラちゃん、ちょ…ちょっと待っててね」

そう言うと、改めてサラからの手紙を、さっき捨てたゴミ箱から探し出し、がんばって最初から読んでみました。

するとそこには、サラの几帳面な文字で、種のまき方から、水のやり方、肥料のやり方まで、詳しく書いてあったのです。

(お手紙をちゃんと読まなかった、私がいけなかったんだ・・・)

アンナは、心から反省し、必死でサラに謝りました。

「サラちゃん。ごめんね、ごめんね」

 

 

それから数日後。

アンナの家に、再び郵便がとどきました。

サラは、もう一度ひまわりの種を送ってくれたのです。

アンナは、食べたいのを我慢し、今度こそ手紙に書かれた指示通りに種をまいて、水をやりました。

毎日毎日、欠かさず水をやり続けました。

 

 

そして、ある朝。

アンナは、種をまいたプランターに、小さな小さな緑色の芽が出ているのを見つけました。

「サラちゃんに知らせなきゃ!」

この喜びをいっしょに分かち合うため、今度は、自分からサラにお手紙を書くことにしました。

『サラちゃんへ』

普段は勉強など一切しないアンナが、その日だけは机に向かって、いっしょうけんめい文面を考えました。

それは、アンナが生まれて初めて書いた手紙となりました。

《おわり》

スポンサーリンク

ニコモ物語#3「アンナとひまわりの種」