高田凛


ふりがな
たかた りん
生年月日
平成17年2月15日
出身
愛知県
所属事務所
エイベックス
ニコモになった経緯
ニコプチ進級
加入学年
中2
加入時身長
160cm(たぶんこのくらい?)
初登場
2018年7月号
初表紙
デビュー前だしそりゃまだ
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • ニコラ2018年7月号から、ニコプチ進級により、安村真奈町田恵里那とともに同誌専属モデル(ニコモ)。「ニコプチ⇒ニコラ」の進級コースは、開拓者である伊藤夏帆(2018年進級)から数えて、高田の年で11年目
  • 進級枠は、創設以来毎年1人が定番となっていたが、高田の2018年は、異例の3人進級となる
  • これは、2017年末に実施されたニコラの事務所限定オーデにて、合格者が1人も出なかったことから、2018年度の中2世代が若林真帆小林花南の2人だけという異例の事態に進展。そもそも、3大ブランドにイメモを配置できないほど少人数となっているため、急場しのぎ的にニコプチから大量補充を行ったと解釈される
どうやってデビューした?
  • 2015年実施の第4回ニコプチモデルオーディションに応募。グランプリを受賞し、2016年2月号より、同誌専属モデル(プチモ)
  • ニコプチに応募したきっかけは、もともと小3からプチ読だったため。読者として毎月ニコプチを読んでいるうち、華やかで可愛いプチモに憧れを抱くようになり、自分もあんな風になりたいと思った
  • とはいえ、応募を思い立った小4当時は身長がまだ142cm。応募条件の最低ラインである145cm(現在は140cmに緩和)に達しておらず、泣く泣く断念する
  • それから1年後。小5になってようやく145cmにギリギリ到達したため、初めてプチモオーデに応募。みごと一発で最終合格する
  • なお、小5の夏に、プチモオーデと並行して、エイベックスの新人オーディション「キラチャレ2015」にも応募していた。モデル部門の中部地方予選を勝ち抜き、決勝大会へと進出する。最終的には、審査員特別賞を受賞する
  • そんなキラチャレのモデル部門においては、「ニコプチ賞」が選出され、受賞者はニコプチ専属モデルになることができる。高田は、もともとプチモになりたかったため、ニコプチ賞狙いでの応募であったが、惜しくも受賞ならず。代わりに、同時に応募していたニコプチの正規オーデの方に合格して、無事プチモとなった
  • ちなみに、高田から2ヶ月遅れでプチモとなる安村(高田と同時にニコラ進級)も、高田が審査員特別賞を受賞したキラチャレのファイナリスト。しかも、安村はモデル部門の最優秀グランプリとニコプチ賞をダブル受賞するという、史上2人目となる快挙を成し遂げる。こうして安村は、ニコプチ賞の受賞により、その副賞としてニコプチ専属モデルとなった
  • というわけで、キラチャレ2015のモデル部門決勝大会ステージ上には、高田(審特賞)と安村(GP&NP賞)という現ニコモ2人に加え、後にニコプチ専属モデルになる前田優衣(受賞なし)、さらには後にラブベリーモデルとなる栗田桃花(受賞なし)までが揃っていたということで、同回は稀に見る高レベルの大会として今も伝説となっている
どんな女のコ?
  • 家族構成は、父、母、姉4人、本人の7人家族。女の子ばかり5人姉妹の末っ子。ニコラでいう「美脚4姉妹」を超える、高田家5姉妹。なお、姉4人と高田とは年齢がかなり離れており、高田以外は全員が成人している
  • そんな複数いる年の離れた姉たちの中でも、とくに次女と仲が良く、カラオケや買い物にもよく行く。ニコプチ誌面に、一緒に撮ったプリを載せたのは次女とのものだけだし、神戸ロケでのおみやげに林檎飴を買っていってあげたりも
  • 名字の読み方につき、特に初対面の人から「たかだ」と間違えられるが、通販のジャパネットと同様に、濁らない「たかた」が正しい
  • ニコラ卒モである大谷凜香清水凜花小山内花凜の「凜」は、いずれも、禾(のぎ)の凜であるのに対し、高田の「」は示(しめす)の凛。特にファンレターを出す場合など、間違えないように注意してください
  • 動物が好きで、なにより鳥が大好き。ペットとして、高田の強い希望によりインコを2羽飼っている。なお、ニコプチWikiの高田のページには、高田の飼っている鳥さんにつき「オカメインコで、名前はピーちゃん」とあるが、これは誤り。正しくは、インコを2羽飼っており、オカメインコの名前が「ミルク」、コザクラインコの名前が「ぴーちゃん」(全部ひらがな)である
  • 天然でほんわかした性格、おっとりした印象と異なり、実は運動神経抜群でスポーツが大得意。特技のダンス(ヒップポップとジャズ)はもちろん、バク宙も出来る
  • その半面、超絶おバカ。ニコプチ時代の学力テスト企画では、小5から中1まで、3世代で同一のテストが実施されたが、最年長である高田が、ぶっちぎりの最下位。勉強のほうは、まるでダメ
  • 見た目は天使なのに、実は絶対的な負けず嫌いで、勝負事になると我を忘れるタイプ。プチモ時代の運動会企画の競技では、撮影であるにもかかわらず常にホンキモード。髪を振り乱し、モデルらしからぬすっごい形相で、周囲を威嚇。勝つためならどんな卑怯な手も使い、たとえ反則も辞さない
  • 元祖、ニコプチの歌姫。卒業間近になって、新モで入ってきた水村聡美(新歌姫)にその地位を取って代わられるも、高田の歌唱力も抜群。ニコプチ公式インスタでは、十八番としてているJYの「好きな人がいること」をアカペラで熱唱する動画が見られる
  • いちいち身振り手振りが大げさで、話しているときは止まることなく両手が動いている。いちおう、話の内容に沿ったジェスチャーであるものの、話し相手側としては、その動きがめっちゃ気になる
  • また、イスに座っているときや、テレビを見ているとき、食事中など、常に手足のどこかしら一部がプルプルプルプル揺れていて、親や友達からは「落ち着きがない」と言われるが、とりあえずADHDではないらしい
  • 椎名林檎のファンで、1番好きな曲は「歌舞伎町の女王」。カラオケに行くとYJの曲とともに、必ず歌う
  • 好きな食べ物はケチャップがかかっているもの。特に、オムライス(中野あいみ以上に?)と、ハンバーグ、スパゲティーが大好物。とにかく、ケチャップがかかってさえいれば何でもいい
  • 反対に、嫌いな食べ物は赤くて丸い固形のもの。具体的には、赤ピーマン、パプリカ、サクランボ、うめぼし、トマト、苺、しおりんご、エビチリの丸まったエビなど。味覚ではなく視覚にこだわるタイプで、かつ、ポイントは固体であるということ。ケチャップが大好きな点、液体であれば問題ない
  • 好きな飲み物はお茶で、ブランドは綾鷹限定
  • 自分の体の好きなパーツは「まゆ毛」。反対に、嫌いなパーツは「歯の形」。特に前歯
  • スクイーズにはまる。最近のお気に入りは、クロワッサンのスクイーズ。そのぷにぷに感が病みつきになり、休みの日など1日中ただただ触って過ごすこともあるほど
  • 実は、ニコプチ卒業の間際まで、一人でホテルに泊まれなかった。そのため、撮影の前日に東京に来る際は、母と一緒に上京。一緒の部屋に泊まり、朝も起こしてもらっていた。小6の時から、撮影のたびに1人で佐賀より上京、自身で飛行機の搭乗手続きまでやっていた同い年の若林とはえらい差
ニコプチ時代
  • プチモデビュー時のアンケートで答えた「目標とする先輩モデル」は、黒坂莉那涼凪。奇しくも、両者ニコラ進級を果たし、これに高田までもが続くことになる
  • プチモになった当初は、撮影のたびにカメラマンから頻繁に顎を引くよう注意される。どうしても気を抜くと顎を突き出したカットが多くなってしまう。特にデビュー時の号を見ると、ことごとく顎が突き出ている写真ばかりである
  • 公式な愛称は「リン」であるが、プチモからは「りんりん」と呼ばれている
  • プチモになって3冊目、2016年度の通年連載、着まわし物語「リンちゃんのピピピ恋のカラクリ人形」で、主人公役が決定。着まわしヒロインは毎年その時点でのエース、もしくは将来のエース候補が務めることになっており、これに新人の高田が抜擢されたということから、早くも将来のエース確定と話題になる
  • 実際、直後にマクドナルドとのタイアップとして、プチモを代表してテレビCMへの出演が決定。続く10月号では、早くも初表紙となる
  • 2017年になると、4月号では、ニコラでいう「今月の推しモ」に相当する個人特集「リンちゃん解体新書」が掲載。8月号では、ニコラでいうハワイメンバーと同等の価値があるとされる沖縄ロケに選抜。完全にトップモデルとしての地位を確立する
  • そして極め付けが2017年10月号。ニコプチ卒業生でニコラに進級した香音以来、3年半ぶりにピンで表紙となる。そもそもニコプチは、隔月刊の上、専属モデルの任期も平均2年と短いため、表紙は複数で分け合うのが基本。そこをあえてピンで登場できたのは、ひとえに圧倒的な読者人気の左証
  • 2018年6月号をもってプチモ卒業。同時に、安村、町田とともにニコラ行きが発表される。なお、最終的な表紙回数は7回(うちピン1回)で、これは永野芽郁と並んでニコプチ史上歴代3位となる大記録
ニコラ時代
  • ここからは未来のお話。これから書かれるところです
ニコラ登場メモ
  • 2018.07月号:新モ特集(初登場)
  • 2018.08月号:

スポンサーリンク