飯豊まりえ


ふりがな
いいとよ まりえ
生年月日
1998年1月5日
出身
千葉県
所属事務所
エイベックス
ニコモになった経緯
2011年度ニコプチ進級
加入学年
中2
加入時身長
166cm
初登場
2011年6月号
初表紙
2012年7月号
卒業
2014年5月号
最終的な表紙回数
12回
特記事項
  • 2008年実施「サンシャイン30周年記念 エイベックス×ニコプチ 公開モデルオーディション」でグランプリを受賞。2009年4月号よりニコプチ専属モデル
  • 飯豊に関して、一部では「キラチャレ出身」とされることもあるが、上記の通り、飯豊は公開オーデ出身。2008年当時は、公開オーデと並行して、もちろん本家キラチャレも実施されており、合格者も別にいる
  • ただし、同年のキラチャレは、ニコプチが協賛しなかったため、ニコプチ賞もなく、プチモになった合格者もいない
  • よって、ニコプチとエイベックスが合同で主催した公開オーデ合格者である飯豊がそのままプチモになっただけのこと
  • 以上より、キラチャレと公開オーデは全くの別モノであるのは明白であり、飯豊とキラチャレとは一切関係ない
  • デビュー以来、本名である「飯豊万理江」表記であったが、ニコプチ2011年4月号より、下の名前を平仮名にした「飯豊まりえ」に改名、現在に至る
  • 2011年6月号でニコプチを卒業。毎年、プチモ卒業生のトップ1人が、姉妹誌ニコラに移籍できる「進級枠」により、同年6月号よりニコラ専属モデル
  • ニコプチ進級は、2008年の伊藤夏帆以来、今回の飯豊で4年連続4人目
  • ただし、通常の進級は、6月号でプチを卒業し、ニコラへは7月号から加入となるところ、間髪を容れず、直通の6月号加入というのは異例の速さ。実際、2018年現在の進級例は10件あるものの、「6月号⇒6月号」パターンは飯豊のみ
  • ちなみに、なぜ異例の6月号加入となったかといえば、それは飯豊をハワイロケに参加させるため。例年、ニコラのハワイロケは、開放日イベント終了直後の春休み中、3月下旬から4月の頭にかけて、4泊6日のスケジュールで実施される
  • この点につき、7月号のハワイロケが、その1号前の6月号の撮影時期と被る、もしくは早くなるという逆転現象が起こってしまう
  • となれば、ハワイから帰国後の撮影でも、ギリギリ6月号の撮影に間に合うため、だったらあえて7月号のハワイ以外の撮影が始まるまで、飯豊を無駄に待たせておくより、さっそく6月号の撮影にも参加してもらおう。つまりは使えるものは使うということである
  • なお、デビューがハワイロケという超エリートコースは、飯豊ふくめ、2006年の高屋敷彩乃と、2018年の町田恵里那の3人だけである
  • ポンポネットイメージモデル
  • 表紙回数12回は歴代9位
  • 2014年5月でニコラを卒業。その後、同年9月号よりセブンティーン専属モデル。なお、ニコプチ⇒ニコラ⇒セブンティーンと進むコースは、飯豊が最初。その後、翌2015年に黒崎レイナが、2016年に永野芽郁が続くことになる
  • 2018年7月号をもってセブンティーンを卒業

スポンサーリンク