宮本和奏


読み方
みやもと わかな
生年月日
2006年5月30日
出身
東京都
所属事務所
レプロ
ニコモになった経緯
オーデ22期
加入学年
小6
加入時身長
151cm
ニックネーム
ワカナ
応募理由
ニコラの雰囲気が楽しそうだったし、おしゃれな服も着たかったから
初登場
2018年10月号
初表紙
まだ
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • 2018年実施の第22回ニコラモデルオーディションに小6で応募し合格。応募総数11728人の中から選ばれたグランプリ5人のうちの1人
  • オーデ同期は、加藤咲希深尾あむ北川花音野崎奈菜
  • 宮本は、唯一の小6ということで同期最年少
どんな女のコ?
  • 家族構成は父、母、兄、姉、本人の5人家族。3人きょうだいの末っ子
  • 名前(和奏)の由来は、「やかな雰囲気をでる、おおらかで優しい女性に成長してほしい」という両親の願いによる
  • チャームポイントは茶色くて大きな瞳
  • 趣味はスクイーズやスライムをひたすらいじること
  • 特技はダンス。ちょっと前まで習っていた
  • 自慢は運動神経がいいこと。特に得意なのは短距離で、タイムは50m走が7秒54
  • 小学校での所属クラブは楽器クラブ。担当楽器は大太鼓
  • 好きな色は白・黒・グレー。ファッションにおいても、小6にして早くもモノトーンに目覚める。オーデ同期の年上はピンク好きが多いのに対し、見た目通りの大人っぽさ
  • 性格は負けず嫌いで、かつ明るい
  • とにく正義感が強く、曲がったことが嫌いで、間違っていると思ったり、納得できないことがあると黙っていられないタイプ。つい、強く主張してしまうため、他人と衝突することも多い。この点、涼凪と全く一緒であり、性格的にも合いそう
ニコラ時代
  • ニコラ2018年10月号のオーデ合格発表ページに掲載。これがニコラ誌面への初登場となる
  • ただし、このページはあくまでも速報として、オーデ最終審査当日のカメラテストで撮影されたもの。「ニコモのお仕事」としての撮影ではない上、編集部もニコモ歴を数える際は一貫して11月号を起点としているように、一般的に正式なニコモデビューは11月号とされる
  • 合格後、事務所面接を経て、所属事務所は「レプロエンタテインメント」となる。現役モとしては、南沙良白井杏奈が事務所の先輩となる
  • 編集部のつけたキャッチフレーズは「キセキの小6!透明感ハンパない正統派美少女♥」
  • 新モに対するコメントに、この「キセキの小6」というフレーズが使われたのは、20期の若林真帆以来で2年ぶりのこと。ここからも編集部の期待の高さがうかがえる
  • 最終審査に立ち会った川床明日香による第一印象は「小6なのにオトナっぽ!すごく明るくてキラキラしてて、インタビューの時も親しみいやすいコだなと思った」
  • 22期の最年少で唯一の小6。前年のオーデに小5で合格した組橋星奈とは同学年であり、2018年度ニコラにおいて、小学生モは宮本と組橋の2人だけ
  • 合格発表の写真が、2010年代ニコラを代表するトップモデルである高嶋芙佳の前髪ナシ時代に似てると話題。実際、高嶋も同じ小6合格であり、むしろデビュー時の完成度に限っては宮本の方が上との声も
  • そんな読者からの高い評価を表すように、現在実施中の「新モ第1印象人気投票」において、ぶっちぎりで宮本が第1位を独走中。期待の新モとされる
  • ニコラ2018年11月号で、ニコモとして正式にデビュー。撮影前日は、東京のサロンにて新モ5人でヘアカット、当日はスタジオにて、おそろいのブルーのドレスを着て、初撮影を行う。この2日間、5人で多くの時間を一緒に過ごしたことを通じ、オーデ同期としてすっかり仲を深める
  • また、オーデ最終審査のときと同じように、今回も生徒会長の川床が飛び入り参加、一連の撮影の様子を新モ特集ページでレポートする
  • そんな川床による、宮本に対する第2印象は「今期最年少なのに、ずば抜けてオトナっぽい! 反面、話してみると年相応で明るくて、このギャップも魅力」。なぜか実物よりも写真のほうがダントツ大人っぽくなるとのこと
  • 12月号からスタートした、中学生以下のニコモによる次世代エース決定企画「TNM(Top of Nicola Model)」にエントリー。公式インスタの自己PR動画では、趣味のスクイーズづくりで製作したオムライスを披露する
  • なお、ステージ1「写真うつり力」の審査員評価は最低ランクのDと出遅れる。とはいえ、そもそも新人である宮本が、モデル歴も長く複数の表紙回数を誇る白井杏奈若林真帆らエース候補と全く同じ土俵で勝負するというのは、どう考えてもむちゃくちゃな企画である
  • 2018年12月にスタートした事務所の企画で、同事務所所属のティーンズモデルによる、「レプティーンフェス2019」のSPステージに出演できる権利をかけた人気投票バトルに、白井、加藤と共に参加。宮本は、けっきょく15人中、9位に終わる
  • その投票につき、宮本は、自分も参加しているにも関わらず、本来はライバルである白井に対し自ら大量に投票していることで話題となる。とにかく、それくらい白井のことが大好き
  • 2019年1月号では、TNMステージ1の結果が発表されるが、さすがに宮本は圏外。同時に掲載されたステージ2では、青井乃乃率いる「チームあまりもの」所属として、40m走に出場する。最終的にチームは3位と中途半端な位置で終わるが、この1日の戦いを通じ、今回の企画が初対面だった先輩の青井ともすっかり仲良くなれた
  • 2019年2月24日、ユーチューブのニコラTVにおいて「ナナ・ワカナの生配信」として、大好きなスライムの作り方を、野崎とともに生中継で配信する。身長も大きく、大人っぽい宮本と、小柄な野崎とは、一見すると宮本が年上に見えるが(実際は1コ下)、動画からは、完全に喋りも、手順も、すべてにおいてしかり者の野崎がリードしていることが見て取れる
  • 3月号の「アスカ生徒会長面談」企画に、小6を代表して参加。川床明日香から、学業との両立、編集部から出される大量のアンケートに取り組む姿勢、小6時にやっておくべきこと、個性の出し方など、アドバイスを受ける
  • 4月号では、唯一の同学年である組橋と2人っきりで「セナワカ中1モ遊び」のロケ。1人1500円という予算で、原宿のフクロウカフェや、スクーズショップなど大好きな場所をめぐる
ニコラ登場メモ
  • 2018.10月号:合格発表
  • 2018.11月号:新モ特集
  • 2018.12月号:TNMスタート
  • 2019.01月号:一問一答
  • 2019.02月号:晴れ着、ボディデータ
  • 2019.03月号:生徒会長面談
  • 2019.04月号:せなわか企画

スポンサーリンク