組橋星奈


ふりがな
くみはし せな
生年月日
2006年7月16日
血液型
A型
出身
福島県
所属事務所
アミューズ
ニコモになった経緯
第21回(2017年)オーディション:グランプリ
合格時学年
小5
合格時身長
161cm
応募理由
香音に憧れて。ニコモになっていっしょに撮影したいと思ったから
初登場
2017年10月号
初表紙
まだ
特記事項
  • ニコモオーディション史上2番目に多い14734人の応募者の中から選ばれたグランプリ6人のうちの1人
  • ニコモオーデの小5合格は歴代最年少記録タイ。2008年合格の田中若葉以来、9年ぶりで通算3人目という快挙
  • 所属事務所は、合格後の事務所面接をへて、アミューズに決定する。同事務所は、現在4年連続でイメモを輩出しているように、各回のオーデ合格者の中でも特に将来性が期待される新モが配属されるため、誰が所属となるか注目されていたが、今期は最年少の組橋が所属となった
  • 合格時の身長は小5にして161cm。その後、2018年3月号ではで165.2cmにまでアップ。わずか半年で4.2cmも伸ばしたということで、170の大台到達も確実視される
  • とても小5に見えないオトナっぽい完成された外見に反し、新モとして読者への最初のメッセージは「これからニコラに出るんですけど、笑顔でがんばりまーーーす」と、ゆるゆる&年相応。このギャップも魅力
  • 下の名前は「せいな」でも「ほしな」でもなく「せな」と読む
  • 名前の由来は、「星のように美しく輝く女性に成長してほしい」という両親の願いによる
  • 名前に「星」がつくニコモは、卒業生の塚越星良、古畑星夏、現役の草野星華に続いて、歴代4人目
  • チャームポイントは、笑うと細く三日月型になる目
  • 特技はダンス。友達といっしょに、小4からダンス教室に通いつつ、学校のクラブ活動でもダンスクラブに所属する
  • 今、いちばん欲しいものは、仔犬(ポメラニアン限定)。小さいころからずっと欲しくて、ことあるごとに両親におねだりし続けているものの、なかなか飼ってもらえない
  • 2017年10月号のオーデ合格発表ページにて、ニコラ誌面初登場。その後、11月号の新モ6人による特集「新モプロフ」をへて、12月号から本格的にニコモとしてが活動スタート
  • はじめて事務所の寮で宿泊することになった際、当時小5である組橋のことを心配し、同じ事務所でかつ同じ地方組である川床明日香がずっと一緒にいてくれた。先輩の優しさに感動し、川床のことがますます大好きになる
  • 12月号では、ニコモ部活動#8「美術部」の撮影に参加。クジ引きの結果、先輩モ草野星華とペアを組んで、お互いの似顔絵を描きっこする。最年少ながら、完成した作品は一目見て草野と分かる、上々の出来栄え
  • なお、この撮影の衣装はニコ学制服。小5の組橋にとって、制服を着るのはこれが初めての体験であり「制服をはじめて着られて、なんかうれしかった☆」と感動
  • また、同号での若林真帆による新モコーデ企画では、ストリートガールに挑戦。若林からの評価は「小5なのにオトナっぽい。クール系が似合いそう」
  • 2018年1月号では、ニコモになって4冊目にして、初めて撮影に呼ばれない。よって、毎年1月号の企画「なんでもランキング」恒例の仮装も体験できなかった
  • 2月号では、恒例の振り袖を着ての撮影に参加。振り袖は七五三以来で、かつ、今回は自分の好みの色(ピンク系)を選べ、大満足。また、新年の目標は「2018年のレピピブックに出ること!」。これは、ずっと清原果耶にあこがれていたため
  • 初詣で引いたおみくじは「小吉」。ビミョーな1年になる予感!?
  • 3月号では、南沙良と一緒に東急ハンズに行き、「OSMO」を使ってオリジナルスタンプを作る撮影。4yuuコも年上で、かつ、ニコモでもトップクラスの美人とされる南と並んでも、組橋の方が5cm以上身長が高く、ヴィジュアル的にも十分に釣り合っていたのはさすが
  • 4月号では、1月号以来2度目となる撮影ナシ
  • こうして、ニコモになって半年。2017年度のニコラでは唯一の小5ということで、「中学生モ限定!」「オール中学生ニコモの~」といった、ニコラのメーンとなる中学生モ限定企画に参加できない点、どうしても登場数が増えなかった。本格的な活躍は、中1となる来年以降に持ち越しとなりそう
  • 5月号では、初めての一人撮影で「ニコズキッチン」を担当。プロの先生の指導の下、ちらし寿司カップケーキを作る。普段から率先して家のお手伝いしていることもあり、無難にこなす
  • また、同号の「身体測定」企画では、身長&体重はもちろん、目の幅、口の幅、顔の縦横の長さ、二の腕から太もも&ふくらはぎの太さまで、身体の様々なデータを測定され、はじめてのことでちょっとびっくりする。唯一の小学生モながら、ほとんどの先輩を超えるその抜群のスタイルが、数字の上で客観的に証明されることになった
  • ずっと欲しかったペットを飼ってもらう。犬が第1希望であったが、とりあえずハムスター。毎日、学校から帰るとお世話に夢中。1日たりとも離れたくないので、撮影でお泊りの際は、写メ&動画を送ってもらっている
  • 6月号では、「ニコ学」に初出演。とはいえ、主人公ハナの監視役の宇宙人ということで、登場シーンでは終始覆面をつけたまま。顔が出ることは無かった
  • 8月号で身長が167.5㎝となる。この調子でいけば、小学生のうちに170㎝の大台に到達する可能性も十分
  • また、同号においては、ファッションページのメーンカットにも登場。「楽しい撮影日記」の編集部コメントとして「セナは大学生に見える!」とある通り、ニコモ最年少であるにも関わらず、見た目はすでに最も大人っぽい存在とされる
  • 9月号では、企画名に自身の名前が入った「中1&セナ私服」に登場。オーデ同期5人(中2の小林除く)での撮影。その際、すでにニコモになって1年がたとうとしているのに、5人全員ポージングについて全然上達しない点につき、編集部から強めに指摘・指導されるものの、その後、自主的に練習する様子も、できないことに焦る様子も見られない。21期は、よくいえばみんなマイペース、悪く言えばプロ意識が不足しているとされる所以である
  • 10月号では、体育祭にも、通常の撮影にも呼ばれなかったため、巻末の質問コーナーへの掲載はないが、仲良しニコモがお互いのトリセツを書きっこする「トリセツしあいっこ」企画に登場。組橋は、オーデ同期で、とくに仲良しである広瀬まのかのトリセツを記述する
  • また、この号から小6の宮本和奏が新モとして加入。ついに同学年ができ、小学生モが2人となる
  • 12月号では、メーン企画である次世代モによる表紙争奪バトル「TNM(Top of Nicola Model)」にエントリー。公式インスタの自己PR動画では、 持参したサイリウムを手に得意のヲタ芸を披露する…も、完全にダダ滑り。現場がシーンと静まり返ったのはもちろん、見た人の感想も「変!」だの「気持ち悪い!」だのと大不評で、ちょっと落ち込む
  • 実際、組橋のステージ1「写真うつり力」の審査員評価は最も格下である「D」。参加者のうち最年少の小6、ニコモ歴も1年ということで、もともと不利な立場であり、予想通り緒戦から出遅れる
  • 続く2019年1月号では、TNMステージ1の投票結果が発表。さすがに、誌面でのD評価&動画の失敗により圏外に沈む。同時に行われたステージ2「ページ盛り上げ力」のアスレチック対決においても、たいした見せ場を作ることができず、第2戦においてもまたまた圏外の予感
  • また、同じ1月号では、自身ちょうど春から中学生になるということで、進研ゼミの進級応援ページに登場。カメラのシャッター音に、いちいち体がピクッと反応する様子や、なぜか手汗が止まらず、手に持って撮影する問題集がビショビショになり、急きょドライヤーで乾かすといった一連のドタバタ劇に、いっしょに撮影した先パイ黒坂から笑われる
  • 2月号で発表されたTNMステージ2の結果は、やはり圏外であったものの、ステージ3「冬私服コーデ対決」においては、なんと全メンバー中で第2位という抜群の成績のもと、念願の審査員評価「A」を獲得。これにより、シリーズ3戦目にして、いよいよ初のランクインが見えてくる
  • また、同じ2月号恒例の晴れ着撮影では、学年ごとに分けられるため、組橋は同学年の宮本と2人っきり、大きなスペースで掲載される。2019年の目標としては、ひとこと「表紙になること」と掲げる
  • さらに2月号の「ボディデータ公開」では、身長が169.5㎝と表記。最年少ながら、全モ中で3位という高さの上、小学生であるうちに170㎝への到達もほぼ確実のものとする
  • 3月号では、TNMステージ3の獲得ポイント&通算順位が発表。組橋は、私服審査において、読者票とボーナスを併せ一気に11755ptを獲得。ついに通算7位となり、初の入賞を果たす
  • 2019年3 月26日、ユーチューブのニコラTVにおいて、自身初となる動画生配信「な組パジャマパーティー!」を、野崎&宮本といっしょに行う。3人のうちで圧倒的に身長が高く、見た目オトナっぽいものの、このときはまだまだ小学生。配信は終始、年上でしっかり者の野崎がリードすることになった。なお、この配信において、野崎ナナ、宮本ワカナ、組橋セナと、名前のケツに「ナ」が付く3人ということで、新ユニット「な組」が結成される
  • その翌々日の3 月28日に開催された「ニコラ東京開放日2019」において、TNMの最終ステージの投票が行われる。ステージ3で入賞したものの、それ以降はずっと圏外ということで、最終結果の発表においても、予想通り名前を呼ばれることは無かった。なお、10位以下の順位は非公開であるが、編集部公式インスタの写真の並びから、確定順位は11位であったと推定され、実は入賞まであと一歩であったことがわかる
  • 4月号では、巻頭のヘアカット企画に登場。胸まであったロングヘアを、「触覚付きミディアム&前髪ぱっつんに」とオーダー。バッサリ10㎝以上カットする
  • 新年度となった5月号から、身長表記が170㎝に。これにより、すでに170を超えていた湊&藤本に続き、現役3番手での170㎝到達となる。なお、小学生のうちの170突破は残念ながら達成できなかった(実際は、撮影時期は3月であるので小学生といえば小学生なのですが…)
  • そんな5月号では、着回し連載を担当。1人で1ページを独占、トップスに赤2着という一見無茶に見える状況ながら、キッチリ上手に7コーデを組む
ニコラ登場メモ
  • 2017.10月号:合格発表
  • 2017.11月号:新モプロフ(初撮影)
  • 2017.12月号:マホ企画/美術部
  • 2018.02月号:晴れ着
  • 2018.03月号:OSMO
  • 2018.05月号:ニコズキッチン、身体測定
  • 2018.06月号:ニコ学(宇宙人役)
  • 2018.08月号:ファッションページ
  • 2018.09月号:中1&セナ私服企画
  • 2018.10月号:トリセツしあいっこ(セナ)
  • 2018.12月号:TNM
  • 2019.01月号:進研ゼミ
  • 2019.02月号:晴れ着、ボディデータ、卒服
  • 2019.03月号:バレンタイン
  • 2019.04月号:ヘアカット企画
  • 2019.05月号:着回し連載担当

スポンサーリンク