藤本林花美愛


ふりがな
ふじもと りんか みあ
生年月日
2003年10月1日
出身
イギリス
所属事務所
アミューズ
ニコモになった経緯
第19回(2015年)オーディション:グランプリ
合格時学年
小6
合格時身長
158cm
応募理由
小さい頃からファッションやメークが大好きで、モデルになることが夢だった
応募形態
自己応募
初登場
2015年10月号
初表紙
2019年3月号
卒業
2020年5月号
最終的な表紙回数
-回
特記事項
・2015年実施、第19回ニコラモデルオーディションにて、グランプリを受賞。同年10月号より、ニコラ専属モデル
・11836人の中から選ばれたグランプリ5人のうちの1人
・同期は、白井杏奈秋田汐梨泉口美愛オルトン花菜ベティ
・日本とイギリスのハーフ
・ミドルネームは、真ん中の「林花」ではなく、最後の「美愛」
・偶然にも、同期合格のオルトンも同じ「イギリス×日本」のハーフ。2次審査で一緒になった際、お互いハーフ仲間であることを知り、意気投合する
・そんなハーフによるオーデ合格は、2009年の藤田ニコル池田エライザのW合格以来で、6年ぶり。加えて、今回も藤本&オルトンのW合格となる
・ニコモになった際、すでに呼び名が「リンカ」である久間田琳加がいたため、藤本の呼び名は「リリ」となる。なお、リリの表記はカタカナである
・リリの表記は、基本カタカナであるが、ニコラ誌面において、アルファベットが当てられる場合「Lily」となる
・趣味は料理とメイクやファッションの研究
・特技はクラシックバレエとコンテンポラリーダンスとフィギュアスケート。また、長距離走も得意
・そんな特技のバレエを生かし、2018年にはゲーム制作会社サイゲームスのCMに出演。バレリーナ役を演じる
・好きな食べ物は、台湾料理と韓国料理とタイ料理。最近はタピオカにも、はまっている
ウェストの細さはニコモナンバーワン
ヘアアレの才能はプロ級。2016年8月号では、中1というまだまだ新人時代にも関わらず、藤本が1人でみんなのヘアアレを行う「リリの1分で全モのヘアアレ」企画が掲載。先輩モを横一列に並べ、片っ端からわずか1分でそれぞれの雰囲気に合ったヘアに仕上げてみせた
・2018年12月号からスタートした、次世代モのトップを決める表紙争奪バトル「TNM(Top of Nicola Model)」にエントリー。同号実施のステージ1「写真うつり力審査」では744ptを獲得し、22人中で8位でのスタートとなる
・続くステージ2「アスレチック対決」では、自身の所属するチームが優勝。ボーナスポイントと合わせ通算4729ptとし、5位に浮上する
・そしてステージ3は、藤本が最も得意とする「ファッション対決」。もちろん、全モ中で最多ポイントを獲得し、一気に2位へと上昇。いよいよトップが見えてくる
・ところが次なるステージ4は苦手とする「変顔審査」、ステージ5ではたいして興味のない「文房具の可愛さ審査」で共に苦戦。再び6位に下降。そのまま、ファイナルステージでも特に見せ場もなく、けっきょく最終的に6位で終わる
・こうして、「6月号の表紙になれる権利」(3位入賞まで)こそ逃したものの、それは変顔や料理、文房具やアスレチックといった、モデル業とは直接無関係の種目で振るわなかったことが原因。今回のTNM参戦により、藤本の持つ、本来の意味におけるモデルとしての実力(メークやファッション)は、広くニコ読に認知されることとなった
・ちなみに藤本は、TNMを戦っている最中である2019年3月号にて、ニコモ歴3年半にして、待望の初表紙を経験。この時期に藤本が表紙に抜擢されたということは、2019年度イメモ就任への布石ともされる
・前回(2018年5月号)のニコモの身体測定の時、身長は168.2㎝だったが、2019年2月号のニコモのボディデーター解禁では、さらに伸びて169.8㎝となり、続く2019年3月号で、ついに170㎝の大台に到達。現役モの170台は、湊胡遥に続く2人目
・2019年4月3日に放送されたNHK総合「あさイチ」の特集コーナーに出演。涼凪と共に新大久保を巡るロケで、中高生の韓国ブームを紹介する。放送の直後には、さっそく視聴者から「あのハーフっぽい美人のコは誰?」と、一躍話題に。当ページにも検索が殺到する。なお、番組中では藤本と涼凪につき「現役の高校生モデル」となっているが、収録時に藤本はまだ中3である
・6月号で、2019年度の新イメモが発表。第5代ピンクラテ イメージモデルに就任する。そもそもラテのイメモは、先代の秋田汐梨、先々代の香音、さらにその前の鈴木美羽といったように、その世代の1番人気の指定席である点、藤本にも同様の活躍が期待される

スポンサーリンク