池端杏慈

読み方
いけはた あんじ
生年月日
2007年9月8日
出身
東京
所属事務所
レプロ
ニコモになった経緯
オーデ25期
加入学年
中1
加入時身長
161cm
応募形態
ネット
応募理由
オーディションを探していたところ、たまたまネットでニコラの募集を知ったから受けてみた
初登場
2021年10月号
初表紙
まだ
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • 2021年実施の第25回ニコラモデルオーディションに、中1で応募。10,104人の中から「グランプリ」に選出され、2021年10月号よりニコラ専属モデル(ニコモ)となる
  • オーデ同期は、伊藤沙音吉本麗南川原美杏榎本月海。合格時の学年は、伊藤が最年少の小6で、池端は最年長となる中2。吉本、川原、榎本の3人は中1
  • なお、応募の理由が「たまたまネットで募集を見つけたから」ということで、これまでの王道パターンである「ずっとニコラを読んできた読者がニコモに憧れて」といった経緯とは一線を画す。この点、編集長も「SNS時代における応募者のタイプの変化を感じた」と語っているように、ある意味実験的な意味合いもありそう
どんな女のコ?
  • 家族構成は、父、母、本人。ひとりっこ
  • 名字の読みは「いけばた」ではなく、濁らない「いけはた」。また、下の名前は「杏慈」と書いて「あんじ」と読む
  • 趣味はドラマを見ること
  • 特技はバドミントンとダンス
  • TWICEのファンで、推しはナヨンとミナ。ニコモの先輩で、TWICE大好きとして知られる凛美近藤藍月は、両者共にツウィ単推しということで、推しは被っていない
  • チャームポイントはボブ。それまでずっとロングだったのを、中1で切って以来、短いまま
  • 中学の部活はバドミントン部
  • 学校でのあだ名は「あんちゃん」
  • 飼っているペットは金魚
  • 好きなファッションの系統はカジュアル
  • 悩みはソバカスが出やすいこと
  • 憧れ・目標の先輩ニコモは林芽亜里深尾あむ足川結珠
  • 性格は静かで落ち着いた大人キャラ。ニコラには珍しいタイプ
ニコラ時代
  • ニコラ2021年10月号のオーデ合格発表ページがニコラ誌面への初登場
  • ただし、同ページは合格者のおひろめにすぎず、使われる写真もオーデの最終審査の際に撮影されたもの。ニコモとしての正式なお仕事(撮影料が発生)によるものではないことからも、一般的なニコモデビューは、あくまで次の11月号とされる
  • なお、同じ10月号の114ページ「中学生トレンドリサーチ」にも、”全国のニコ読”代表として登場。このページは、形式上「読者スナップ」の形をとっているが、実際は、2次審査進出者による記念撮影であり、毎年オーデ合格発表と同じ号に掲載されるのが恒例。最終的な合否決定の前にページが作成されるため、落選者のみならず、池端のように合格者も掲載されることも多い。池端の場合、ニコ読「あんじちゃん」として掲載される
  • 応募時中2で合格したのは2018年合格の加藤咲希以来で3年ぶり。それ以前は2013年合格の中村里帆、2012年の荻原里奈と、これまで過去10年で3人しかいなかったように超難関。理由は、たとえ中2で受かっても、そこからニコラ卒業までわずか2年半しか活動期間が残されていないため。逆に、それでも受かるのは、即戦力として期待されるコ限定である
  • そんな中2合格について、加藤と中村はかつて事務所に所属したことのある芸能活動経験者。荻原も、同年のミスセブンティーン・ファイナリスト(落選)はじめ、複数のオーデで実績アリ。この点、完全な一般応募である池端が受かったのはまさに奇跡に近い
  • 事務所面接を経て、所属は「レプロエンタテインメント」に決まる。同事務所への配属は、2019年オーデ合格の太田雫以来で2年ぶり。現役では太田の他、宮本和奏も所属する
  • また、この「オーデ合格⇒レプロ所属」コースといえば、古くは新垣結衣能年玲奈から、最近では南沙良久間田琳加といった将来の女優系の大物がズラリ。この事務所配置からみても、25期において池端が最も期待されていることが分かる
  • 東京都出身のオーデ合格者は、2016年の多田成美以来、今回の池端まで、2021年現在6年連続で誕生している
  • 加えて今期、全5人の合格者のうち東京出身が4人を占める。これだけ特定の都県出身者が1度に受かったというのはニコラオーデ史上初
  • ニコモとしての呼び名は、通常パターンに則り、下の名前をカタカナにして「アンジ
  • 編集部のつけたキャッチフレーズは「ニコラに新しい風を吹かせる、3年ぶりの中2合格者!」
  • オーデ応援隊長深尾あむによる第1印象は「パッと見クールだけど笑顔がチャーミング」。2次審査に立ち会った林芽亜里による第1印象は「笑顔とクール顔のギャップがすごい!」。現ニコラのトップモデルが奇しくも全く同じ点を指摘しているように、表情のバリエーションが豊富
  • 2021年9月23日公開のニコラ公式TikTokに、関谷瑠紀とともに登場。関谷からちょっとしたドッキリを仕掛けられる。25期新モとして、単独でのニコラ公式SNSへの登場は、今回の池端が一番乗り
  • 2021年10月1日発売、ニコラ2021年11月号がニコモとしての初撮影。新モ特集「垢抜けストーリー」に同期5人それぞれのエピソードが、プロフィールとともに掲載される
  • 同日、ニコモデビューに合わせ、インスタグラムを開設する。初日だけでさっそくフォロワーが800人を超える
  • 2021年10月14日公開、ニコラTV「新人モデルに先輩モデルがメイク&ヘアアレ教えます!」に、新モを代表して登場。先輩モ近藤藍月からメイクを、関谷瑠紀からヘアアレを、それぞれ自分を実験台に教えてもらう。25期の新モが単独でニコラTVへ出演するのは、今回の池端が最初。なお、メイク実演してもらう際、近藤が「あたし、人の顔にメイクするの久しぶりだなぁ」「他人の眉毛描いたこと無いんだよね、アハハ」など、テキトーに言うのを聞き、心の中で「コイツ、大丈夫かよ!?」とちょっと不安になる
ニコラ登場メモ
  • 2021.10月号:合格発表
  • 2021.11月号:新モ特集

スポンサーリンク