関谷瑠紀


フリガナ
セキヤ ルキ
生年月日
2006年08月08日
出身
千葉県
所属事務所
プラチナム
ニコモになった経緯
ニコプチ進級
加入学年
中2
加入時身長
162cm
初登場
2020年7&8月合併号
初表紙
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • 高比良由菜とともに、姉妹誌ニコプチからの進級により、ニコラ専属モデル(ニコモ)。ニコモとしてのデビューは、2020年7&8月合併号
  • もともとは、例年通りニコラ7月号よりデビューする予定であったが、コロナの影響により、いったん8月号に延期。その後、7月号が休刊となったことで、結果的に7&8月合併号から加入となる
  • 「ニコプチ⇒ニコラ」の進級コースは、その先駆けである伊藤夏帆(2008年進級)から数えて、関谷の代で13年目。これまで総勢21人
  • 進級枠は、2008年の創設以来、毎年1枠で定着していたが、2018年より複数化。同年は安村真奈町田恵里那高田凛による3人セット。続く2019年も林芽亜里阿部ここはの2人セット。そして2020年も、関谷&高比良のダブルとなる
  • こうして、年に2~3人がニコプチからやってくることが常態化したため、現役ニコモの構成においても、過去は「オーデ組:進級組」が「8:1」程度であったところ、2020年の現時点では「3:1」。わずか数年で進級組の構成比率が3倍近くもアップする
どうやってデビューした?
  • 幼少期より子役モデルとして活動。登録制のモデル事務所に在籍し、お仕事が入った場合のみ上京して、テレビCMの端役やカタログ撮影、スチール撮影などを行う
  • 小2のときに、エイベックスのオーディション「キラチャレ2014」に応募。ファイナリストとして決勝大会に進出し、プリパラ賞を受賞する
  • キラチャレ出身のニコモには、高田凛(2015審査員特別賞)、安村真奈(2015グランプリ)ほか、黒崎レイナ(2009グランプリ)、中島愛蘭(2007グランプリ)がいる。なお、深尾あむは地方予選(2016)で敗退
  • 小3の終わり、旧事務所のお仕事で上京した際、原宿でプラチナムのスタッフからスカウト。これを機に現事務所に所属する
  • 小4のとき、事務所の許可を得た上で、2017年実施の第5回ニコプチモデルオーディションに応募。書類は通ったものの、2次審査の面接で落選する
  • その直後、事務所の一大プロジェクト「Shibu3 project」の初期メンバーに選出され、翌年のデビューに向けレッスン開始。同プロジェクトはオモテ向き「将来の夢を追いかけるプラチナムプロダクション所属の小学生から高校生までのメンバーで結成された大型育成プロジェクト」とされているが、実質アイドルユニット
  • Shibu3 projectでは、イエロークラスのメンバーとして2016年12月より活動開始。ただしそこからわずか半年後。「学業優先」のため、2017年4月をもって同プロジェクトを脱退する。その際、あまりに短い在籍期間と、取って付けたような脱退理由から、ファンの間で「アイドル活動が合わなかった?」「引退か?」といったうわさが飛び交うが、その真意は今後の活動をモデル一本に絞った本人の強い意志によるもの
  • 実際、プロジェクト脱退して間もなく、前年に落選した2017年実施の第6回ニコプチモデルオーディションに応募。2度目の挑戦にして、みごとグランプリを受賞し、年が明けて2018年2月号より同誌専属モデル(プチモ)
  • その後、ニコプチでは初登場から3冊目で通年連載「着回し物語」主役の座を獲得、4冊目で「100質」と一気に大抜擢。2年目には、ハワイロケやピン表紙も経験したうえ、複数のブランドのイメージモデルに就任するなど、卒業までニコプチを代表するトップモデルとして活躍する
どんな女のコ?
  • 家族構成は、父、母、5コ上の姉、3コ上の姉、本人の5人家族。3人姉妹の末っ子
  • 瑠紀という名前の由来。「瑠」=宝石を表し、両親の宝物であること。「紀」=始まりを意味し、なにごとも自分から始まること
  • 8月8日の夜8時生まれという「8」そろいは、乃木坂46の4期生、賀喜遥香と全く一緒
  • 飼っているペットはうさぎ
  • 性格はとにかく明るいおバカキャラ
  • こう見えて趣味は料理。ニコラでいえば野崎奈菜凛美と一緒
  • 特技はボルダリングとヒップホップダンス。基本、体を動かすことが大好きで、ニコプチ加入時の新モ企画「特技拝見」では、ロンダート(側転みたいな器械体操の技)を披露する
  • 短所は忘れっぽいところ
  • であるがゆえに、長所はどんなことがあっても決して落ち込まないところ
  • 小1からプチ読。最初に憧れたのは香音
  • 年齢詐称疑惑。「ルキは昭和生まれ説」として、ニコプチ巻末の撮影日記ページに何度も掲載された編集部の持ちネタ。とにかく、編集部スタッフが宇多田ヒカルの「Automatic」(1998年の曲)について話していると、2006年生まれの関谷がすかさず歌い出したり、撮影の合間に関谷が口ずさむのは必ず昭和歌謡だったりすることに由来する。なお、仲良しの丸山真亜弥からの卒業企画のメッセージも「マアヤの知ってる曲を歌って欲しい!」
  • 手品も出来る。ニコラの撮影の空き時間にも、スマホの電卓機能を使ったマジックを先輩モたち相手に披露。「もっかいやって!もっかいやって!」と、すっかり人気となる
  • クイズも趣味。いま流行りのパズル系やヒラメキ系、漢字系ではなく、知識重視の本格派。ニコラの撮影の合間、”おバカ”な先輩モたちに出題し、的外れな回答を聞いては、優越感に浸る
ニコプチ時代
  • プチモデビュー時のアンケートで答えた、目標とする先輩モデルは高田凛
  • とにかく高田のことが大好きで、「リンちゃんこそ永遠の憧れ」と公言する
  • プチモとしての公式な愛称は「ルキ」
  • ニコプチ時代後期のキャッチフレーズである「やる気!元気!関谷瑠紀」は、当サイトを運営する三月の転校生が考案。思いついた経緯は、2018年度の着まわし連載で、関谷が演じた主人公の決めセリフ「ルキ!やる気!」から、井脇ノブ子元衆議院議員のキャッチフレーズである「やる気 !元気!いわき!」を連想。最後の「いわき」を「せきやるき」に変えたもの。ただし、本家よりダラダラ長いうえ、ゴロも悪いのが難点
  • これを2018年の夏に、サイト上でネタとして発表したところ、それが複数のまとめサイトに転載されたことで、ファンを通じ、もしくは関係者を通じて本人の目に留まり、正式に採用。2019年より、ニコプチ公式サイトの関谷のプロフィールに「座右の銘」として記入されている
  • デビューから3冊目、2018年6月号から新シリーズが始まった着まわし新連載「ルキがズバッと解決!聖ニコプチ学園エリート生徒会」の主役に大抜擢
  • 続く8月号では、登場4冊目にして、「期待のルーキーに100質」が掲載。新モとして早い・遅い云々では無く、そもそも100質自体実施されるのが、2014年の香音以来で、なんと4年ぶりという快挙
  • 2018年11月20日、自身の公式インスタグラムを開設する
  • 2018年12月、日本テレビ「ZIP!」内で放送された朝ドラ”もどき”「生田家の朝」にて、長女役を演じ話題となる(その後、続編の「生田家の朝 2019年秋」にも出演)
  • 2019年4月号で、ついに初表紙。要した期間はデビューから1年2カ月。同じ初表紙組である琴楓(⇒セブンティーン)、高比良(⇒ニコラ)との3人表紙で、関谷がセンター
  • 2019年4月28日に実施された「プチコレ9」でのプチモ卒業式では、林や阿部たち卒業生を前に、在モを代表してメッセージを朗読する。これで、翌年のニコラ行きがほぼ決定する
  • 8月号では、翌年のニコラ行きの登竜門とされるハワイロケのメンバーに選抜。同時に表紙にも登場する
  • 2020年2月号では、4度目となる表紙がついにピン。ニコプチでのピン表紙は、1年前となる2019年2月号の林以来で、まるまる1年ぶり
  • 歴代ピン表紙経験者は、伊藤、松田侑花、三吉彩花西野実見、阿部紗英、香音、高田、林に次ぎ、関谷がプチモ史上9人目
  • 2020年3月31日放送分より、NHK Eテレ「すイエんサー」に、ロケパートを担当する”すイエんサーガールズ”としてレギューラー出演。ニコラ卒業生の多田成美青島妃菜らと共演する
  • 新中2となる6月号をもってニコプチ卒業。最終的なプチモ歴は2年4カ月。表紙はピン1回を含む5回
  • 同号では、高比良と共に2020年8月号よりニコラ専属モデルとなることが発表される
  • その際、直筆で添えられた読者へのメッセージは以下の通り。「プチ読ちゃんへ。なんと!ずっと憧れだった、ニコラモデルになります。ニコラをもっともっと盛り上げられるように!全力で頑張ります!これからも応援よろしくお願いします!
  • なお、プチモとしての最後のイベントであるプチモ卒業式は、コロナの影響により「プチコレ2020」自体が中止となったため、行われなかった
ニコラ時代
  • 初登場は、コロナの影響により、2020年7&8月合併号から。進級組の通常コースである7月号加入とならなかったのは、2011年の飯豊まりえ(6月号加入)以来で、実に9年ぶりのこと
  • ニコプチでピン表紙を経験した者の進級は、香音、高田凛、林芽亜里に続き、今回の関谷で4人連続。最近では、プチでピン表紙となった時点で進級確定とされる
  • プラチナムプロダクション所属のニコモは、関谷が初。この点、ニコラのオーディションに合格した場合は、編集部の紹介する事務所に振り分けられるし、また、事務所オーデは、当然ある程度つながりのある事務所が優先。よって、今回の関谷のプラチナムや、涼凪のバイツ、林のサンミュージックといった、それぞれが最初で最後のニコモ採用となるような、ニコラに全く馴染みのない異色の事務所からの採用は、プチ進級組ならではのもの
  • ニコモとしての呼び名は、ニコプチ時代と同様の「ルキ」に決定
  • ニコラデビューとなった2020年7&8月合併号では、新モ特集として「ルキユナ・ニコモデビュー」が掲載。見開きで2ページ、1人それぞれ1ページずつ。なお、去年の林&阿部のデビュー特集は、過去最大とな2人合わせて4ページであった
  • 同号では、その他、パナップページにも登場。池未来実深尾あむ野崎奈菜と初対面。持ち前のコミュ力を発揮しすぐに仲良くなる
  • 2020年7月29日、自身の公式インスタグラムのフォロワー数が10,000を突破する。現役ニコモの1万超えは11人目。中2モに限ると関谷が最初
  • 9月号の「おうちピクニック」企画では、同学年で比較的加入時期も近い凛美とペアになり、テレビ電話を使ってリモートでピクニックを行う。お互いに全く人見知りしない共通点を発見し、すぐに仲良くなると同時に、ユニット名もリミルキと決める
  • 同じ9月号のニコモ質問箱では、ニコプチからニコラに進級して最も驚いたこととして「アンケートの数の多さ。ニコプチでは月に3~4枚だったのに、ニコラは月に20枚~30枚!」と回答する。進級早々、プチ時代とは1ケタ違う膨大なアンケートの量に面食う
  • 2020年8月、一般財団法人 全国消防協会「令和2年(2020年)秋の火災予防運動用ポスター」のモデルに起用される。なお、同年春のポスターは青井乃乃
  • 10月号では、進級早々、全モ参加のスポーツテスト企画に登場。スタイルもいいし、特技ダンスということで、運動は得意そうに思われがちであるが、基本まったくダメ。50m走では、24人中22位という遅さ。その他の競技も中途半端な順位ばかりで、けっきょくたいした見せばなく終わる。なお、専門は走りつつ飛ぶ系の競技で、高跳び、幅跳び、跳び箱、ハードル走あたりなら自信アリ
  • また、同じ10月号ではニコラ恒例の企画「小顔ニコモNo.1決定戦!」があり、顔に関する様々な数字を測られる。結果、関谷はタテ19.8cm×ヨコ10.8㎝ということで、みごと小顔ランキング第2位に輝く。なお、小顔第1位は同時進級の高比良ということで、2020加入のプチ組によるワンツーとなった
  • 11月号の全モ一斉リモートテストでは、進級当初から付きまとう「ルキ=優等生」の評価を覆す”おバカ”っぷりが露見。なんと、小学生である吉岡優奈にも及ばず、総合成績19位という結果に終わる
  • 11月号の特別企画である物語系の着まわし「私たちはどうにか着まわしている」に、主役野崎奈菜の妹役で出演。関谷の物語系着まわしといえば、プチ時代の「ニコプチ学園エリート生徒会」(主演)以来
ニコラ登場メモ
  • 2020.7&8合併:新モ特集、パナップ
  • 2020.09月号:私服、ピクニック、質問箱
  • 2020.10月号:スクバ中身、スポーツテスト
  • 2020.11月号:学力テスト、着まわし、美髪ニコモ、前髪

スポンサーリンク