永野芽郁


ふりがな
ながの めい
生年月日
1999年9月24日
出身
東京都
所属事務所
スターダスト
ニコモになった経緯
2013年度ニコプチ進級
加入学年
中2
加入時身長
161cm
初登場
2013年7月号
初表紙
2015年3月号
卒業
2016年5月号
最終的な表紙回数
7回
特記事項
  • 吉祥寺にて、スターダストのスタッフからスカウトされたことをきっかけに、同事務所に所属、芸能デビューする
  • はじめてのお仕事は、2009年公開の映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」に子役として出演したこと
  • その後、事務所所属者を対象とした限定オーディションに合格し、ニコプチ専属モデル。プチモデビューは2010年10月号
  • プロ意識が高い勉強家。男前の性格で、常にサバサバ。後輩の面倒見もよく、姉御肌。ニコプチ、ニコラ、セブンティーン、いずれの編集部スタッフからの信頼も厚い
  • 超の付くほどの負けず嫌い。ニコプチ時代は、どんなに体調が悪くても、「自分の出番が他のコに取られるのが嫌!」と、無理を押して撮影に参加。結果、周囲に迷惑をかけることも
  • これまでで最も命の危険を感じたのは、幼少のころ家族旅行で行ったタイでのアクシデント。かなりの高さのある階段から、足を踏み外し、後ろ向きに転落したところ、たまたま下にいた見知らぬタイ人の男性が奇跡的にキャッチ。一命をとりとめる
  • 名前について、よく「めいく」と読み間違えられるが、正しくは「く」の入らない「めい」
  • 2013年6月号でニコプチを卒業。毎年、プチモ卒業生のトップ級1人が、姉妹誌ニコラに移籍できる「進級枠」により、同年6月号よりニコラ専属モデル
  • ニコプチ進級は、2008年の初代伊藤夏帆に続き、今回の永野で6年連続6人目
  • 永野の進級に付き、2013年7月号の表紙には「ニコプチのトップモがニコラへ仲間入り!」とある。しかし、同年卒業のプチモの序列としては、明らかに阿部紗英が1位で、永野は離れた2位。にもかかわらず、永野が進級となったのは、阿部が直前に事務所を辞めたことや、永野が大手スターダスト所属であることなど諸々のオトナの事情による繰り上げ当選に過ぎない。ということで、この「トップモ」との誇張した表現には大いに疑問が残る
  • 1コ下の鈴木美羽とユニット「なが☆すず」を結成。その後、2014年9月号にて、久間田淋加大谷凜香のユニット「Wりん」と合併し、新たに4人で「RMRM」となる
  • 2015年度レピピアルマリオイメージモデル。最終学年において、部長や副部長にはなれなかったものの、みごとイメモの座を獲得する
  • 表紙回数7回(うちピン1回)は、意外と少ない!?
  • 2016年5月号でニコラを卒業。その後、同年9月号よりセブンティーン専属モデル
  • この一連の「ニコプチ⇒ニコラ⇒セブンティーン」と歩む移籍コースは、初代飯豊まりえ、2代目黒崎レイナに続き、永野で3人目
  • 2016年、「カルピスウォーター」第13代CMキャラクター
  • 2018年、連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン・鈴愛(すずめ)役

スポンサーリンク