高比良由菜


フリガナ
タカヒラ ユナ
愛称
ゆなな
生年月日
2006年10月10日
出身
福岡県
所属事務所
スターダスト
ニコモになった経緯
ニコプチ進級
加入学年
中2
加入時身長
158cm
初登場
2020年7&8月合併号
初表紙
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • 姉妹誌ニコプチからの進級により、関谷瑠紀とともに、ニコラ専属モデル(ニコモ)。ニコモとしてのデビューは、2020年7&8月合併号
  • もともと、進級コースの通例としてニコラ7月号よりデビューする予定であったが、新型コロナの影響により、当初はいったん8月号デビューに延期。その後、改めて7月号が休刊となったことで、結果的に7&8月合併号からの加入となる
  • 「ニコプチ⇒ニコラ」の進級コースは、その第1号である伊藤夏帆(2008年進級)から数えて、高比良の年で13年目。これまでの総計は21人
  • 進級枠は、2008年の創設以来、毎年1枠限定と決まっていたが、2018年からは複数化。同年は安村真奈町田恵里那高田凛による3人セット。続く2019年も林芽亜里阿部ここはの2人セット。そして2020年も、高比良と関谷のダブルとなる
  • こうして、年に2~3人がニコプチからやってくることが常態化したため、現役ニコモの構成が大きく変化。過去は「オーデ組:進級組」が「8:1」程度であったところ、2020年の現時点では「3:1」。わずか数年で進級組の構成比率が3倍近く増加する
どうやってデビューした?
  • エイジアプロモーションに所属し、子役・子供モデルとして活動。エイジア時代の主な出演は「TGC北九州2016」、セガトイズ「マジカルポッド」のテレビCM
  • その後、スカウトを経て、現在所属するスターダストプロモーションに移籍する
  • 小2からプチ読。小3でプチコレ5に出演。「写シンデレラオーディション」で”シンデレラ”に選出される。以後、プチモになることが目標
  • 小5のときにプチモオーデに応募し、落選(書類落ち)。今回、時進級となった関谷も、同じオーデで落選(最終審査で落選)している点、同じ回の落選者が、後にリベンジでプチモとなり、さらにはそろってニコラへ進級を果たしたという極めて珍しいケース
  • 小6のときに読者モデルとして参加したニコプチのイベント「プチコレ∞」で、専属モデル(プチモ)に選出
どんな女のコ?
  • 家族構成は、父、母、5コ上の姉、本人の4人家族
  • 下の名前「由菜」の読み方は、「ゆうな」でも「ゆいな」でも「よしな」でもなく「ゆな」。初対面の人からは、なかなか一発で正しく読んでもらえない
  • 名前の由来。「由」はお手本。「菜」は菜の花、自然体。合わせると、花のように可憐かつ自然体で皆のお手本となる女のコに成長して欲しいという両親の想いが込められている
  • 一人称は「ゆな」
  • 超の付くゲームヲタク。DS、PS、3DS、Wii、Switch、Xboxから、初代ファミコン(復刻版)まで様々な機種はもちろん、ハンドル型コントローラや太鼓の達人のMyバチまで持っている
  • 学校がある日でも、毎日必ず1時間以上プレイすることは欠かさない。休日は、撮影やレッスンなど、特に予定がなければ、家にこもって1日中プレイし続けることも
  • ニコプチの撮影現場にもDSを持参。ちょっとでも待ち時間や隙間時間ができるとすぐにゲームを始めるほど
  • ゲームヲタということで、ニコモいちのゲームマニア広瀬まのかと気が合いそう
  • なお、高比良の一番好きなゲームは「スーパーマリオ オデッセイ」。ゼルダ信奉の広瀬とは、ちょっと系統が異なる。その他、「マリオカート」「あつ森」も好き
  • 『鬼滅の刃』の推しキャラは時透無一郎。ただし、高比良自身はよく甘露寺蜜璃に似てると言われる
  • チャームポイントは、ぷっくりくちびる
  • 特技はフラフープを永遠に回し続けること。知り合いにフラフープの先生がいて、コツを教わる機会があった。この点、全く同じ特技を持つ先輩モとして野崎奈菜近藤結良がいるが、特に野崎の場合、TNMのPR動画で実際に披露してみせた通り、レモンを喰いながら回すことができる。これと比べると、さすがにインパクト面で見劣る
  • ゲームヲタのインドア派にみえて、実は水泳が得意。小1から習っていて、中でも最も得意な泳ぎ方はバタフライ
  • 体育の日に生まれただけあって、おっとりした性格&見た目に反し、運動神経は抜群。高比良の同学年となるニコモには、運動オンチ企画で優勝した太田雫や、ヲタの田中南、インドア派の凛美ら、運動が苦手な面々が揃っているので、今後いろいろな場面でアピールできそう
  • 見た目、お人形のようなザ・女の子の外見ながら、好きな食べ物は肉全般。鳥・豚・牛から羊に猪まで全部大好き。ただし、唯一レバーのみNGで「レバー食べるくらいなら死んだほうがまし」
  • 音フェチ。特に咀嚼音フェチであり、ユーチューブの咀嚼音動画を、高音質のヘッドフォンにて、大音量で聴くのが楽しみ
  • 長所はいつも笑顔で、よく笑うこと。プチ時代は編集部から「常にヘラヘラしてる」と注意されることも
  • 短所は忘れっぽいこと。何事も引きずらず、切り替えが早いともいえる
  • 地元ということもあり、福岡ソフトバンクホークスのファン。福岡ドームまで観戦に行くのはもちろん、応援ユニフォームも持っている
  • ニコプチの卒業特集でのキャッチフレーズは「24時間、365日ガーリーに恋してる♥究極の甘々シュガーガール」。編集部による「ユナは、プチモ1のガーリーと言っても過言ではない」とのコメントも添えられているように、その立ち位置は完全にガーリー担当
ニコプチ時代
  • 2018年実施のニコプチのイベント「プチコレ∞」に応募。読者モデルとして、シスタージェニー・ステージでランウェイを歩く
  • その際、500人を超える全プチコレ出演者を対象に専属モデル(プチモ)が選出される制度「プチコレ選出」により、近藤藍月&入江美沙希とともにプチモとなることが決定する
  • プチコレを経てニコプチ専属モデルに選出された代表的な先輩モには、南乃彩希(⇒セブンティーン)や岩崎春果(⇒ふわふわ)らがいる
  • プチモデビュー時のアンケートで答えた、目標とする先輩モデルは林と高田凛。とにかくメアリンが大好きで、部屋には複数のポスター(メゾピアノ ジュニア)のメアリン版を貼っている
  • 憧れがメアリンということからも分かる通り、完全なガーリー系。デビューから卒業まで一貫してガーリー担当
  • プチモとしての公式な愛称は「ユナ」
  • 2018年8月号の「プチコレ∞」のレポートページにて、近藤藍月、入江美沙希とともに、プチモに選出されたことが発表。次号10月号より、プチモデビュー
  • 2019年4月号では、初登場から4冊目にして、早くも初表紙。同じ初表紙組である琴楓(⇒セブンティーン)、関谷(⇒ニコラ)との3人表紙で、センターは関谷
  • なお、この「4冊目で初表紙」というのは、現ニコモの安村や町田といった歴代のトップモデルに並ぶスピード記録
  • 2019年6月号からスタートした、通年の着まわし物語「ユナちん&アキぴょんの着回しツインズエイリアン」で、近藤と共に主演(ユナちん役)を務める。一般的に、着回しの主役は1年間メインで出続けるということで、表紙はもちろん、ハワイロケ以上の価値があるとされる
  • 2019年8月号では、関谷らとともにハワイロケに参加。ニコラ同様、ハワイロケはトップモデルの特権。また同号では、自身2度目となる表紙にも登場し、これで翌年のニコラ行きはほぼ確定的となる
  • なお、ハワイロケでは、以前ニコプチで実施した「読者がデザインした水着を商品化」企画で、実際に採用されたものを着用しての撮影があった。そこで高比良が着用したのが、当時読者だった木幡優(現ゆってぃ)のデザインしたもの
  • 2020年4月号では、2018年のプチコレでプチモに選出された同期の3人(高比良、近藤、入江)で表紙となる。高比良自身「この撮影がプチモ人生の中で最もうれしかった」と振り返る
  • 2020年6月号をもってニコプチ卒業。最終的なプチモ歴は1年8カ月。表紙は4回
  • 同号では、卒業後、関谷瑠紀と共に2020年8月号よりニコラ専属モデルとなることが発表される
  • ちなみに、プチコレ選出によりプチモとなった卒業生によるニコラ進級は、制度発足から10年目にして今回の高比良が初となる快挙である
  • その際、直筆で添えられた読者へのメッセージは以下の通り。「プチ読ちゃんへ。大好きなニコラのモデルになれてすごくうれしいです。ニコラをもっとたくさんの人に知ってもらえるよう、精いっぱい頑張るので応援よろしくお願いします
  • なお、プチモとしての最後のイベントであるプチモ卒業式は、コロナの影響により「プチコレ2020」自体が中止となったため、行われなかった
ニコラ時代
  • 初登場は、コロナの影響により、2020年7&8月合併号(実質8月号)から。進級組の通常コースである7月号加入とならなかったのは、2011年の飯豊まりえ(6月号加入)以来で、実に9年ぶりのこと
  • スターダスト所属のニコモは、野崎奈菜湊胡遥吉岡優奈に続く現役3人目
  • 歴代進級でみると、初代伊藤に3代目七木、5代目澤田汐音、7代目香音に次ぐ5人目。とくに2015年進級の香音からは期間がかなり空いていて、同事務所としては高比良が5年ぶりの進級採用となる
  • すでに現役モに、下の名前が同じ「ユナ」である吉岡がいるため、後発加入である高比良の呼び名は、読者から案を募集。編集部による選考の結果、9月号の誌面で「ゆなな」に決定したことが発表される
  • 名字が3文字のニコモは希少。2012年10月号加入の久間田琳加以来で8年ぶり
  • ニコラ進級が発表される直前、2020年4月1日より公式インスタグラムを開設。これにより、カンのいい一部読者の間で「ニコラ行きのサイン!?」と話題に
  • 4月22日発売、ニコプチ2020年6月号の誌面にて、正式にニコラ行き発表される
  • 6月4日、開設から2カ月にして、早くもインスタのフォロワー数が5,000を突破する
  • ニコラデビューとなった2020年7&8月合併号では、新モ特集として「ルキユナ・ニコモデビュー」が掲載。見開きで2ページ、1人1ページずつ。なお、去年の林&阿部のデビュー特集は、過去最大とな2人合わせて4ページであった
  • 同号では、その他、ダイエット法ページにもちょこっと登場。先輩ニコモたちと絡んでの本格的な撮影は次号からとなる
ニコラ登場メモ
  • 2020.7&8月合併号:新モ特集、ダイエット
  • 2020.10月号:呼び名発表、私服

スポンサーリンク