田中南


読み方
たなか みなみ
生年月日
2007年1月12日
出身
東京都
所属事務所
エヴァーグリーン
ニコモになった経緯
オーデ23期
加入学年
中1
加入時身長
159cm
ニックネーム
ミナミ
応募形態
自己応募
応募理由
ニコモみんなが輝いていて、自分のそうなりたいと思ったから
初登場
2019年10月号
初表紙
まだ
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • 2019年実施の第23回ニコラモデルオーディションに中1で挑戦。応募総数10680人の中から選ばれたグランプリ5人のうちの1人
  • オーデ同期は、近藤結良河村果歩太田雫吉岡優奈
  • 実は、前年のオーデにも応募。1次審査、2次審査を通過し、最終審査に進出した22人に残るが落選。今回、2度目の挑戦にして、みごとリベンジを果たす
  • 「小6落選⇒中1合格」コースは、過去に青井乃乃秋田汐梨らがいる
どんな女のコ?
  • 下の名前「南」の由来は、あだち充の漫画「タッチ」のヒロイン、浅倉南から。両親による「彼女のような、誰からも愛される女性になって欲しい」という願いが込められている。名前の由来が、ドラマや漫画の登場人物からというパターンのニコモは、川床明日香(NHK朝ドラ「あすか」より)もいる
  • なお、田中としては、日焼けするし、そもそも究極のインドア派なこともあり、野球部のマネージャーになるつもりは一切ない
  • 趣味は音楽を聴くこと
  • 特技はサックス。中学では吹奏楽部に所属する
  • また、小5までピアノを習っていたように、音楽大好き
  • 好きな私服のテイストはガーリー系。ニコラではガーリー担当を希望
  • フリーアナウンサーの田中みな実と同姓同名。下の名前の漢字のみ異なる
  • また、長野県の東御市にある田中地区。そこの南方に位置する交差点の名称が「田中南」という。こちらは漢字まで完全一致の同姓同名であるが、当然ながら別人
  • 1月12日生まれは濵尾咲綺と一緒
  • 好きなニコモ、ファッションの参考にしているニコモ、憧れのニコモは全て濵尾。同じ誕生日というのは、まさに運命ということで、すっかり濵尾信者
  • 緊張しぃでとにかく人前に出ることが苦手。ニコモになったことをきっかけに、そんな自分を克服したいと思っている
  • 超のつく人見知り。小学時代は本だけが友達で、休み時間は常にボッチ。中学に入ってからは仲の良い友達もできたが、「相手が話しかけて来るまで待つ」「自分からは行かない」の姿勢は相変わらず
  • チャームポイントは茶色い瞳
  • おしゃれ感&垢抜け感抜群の外見に反し、実はかなりのヲタ。2次元が中心で、いま最もハマっているのが「すとぷり」で、推しはるぅとくん。ヲタモの先輩の代表格である組橋星奈広瀬まのか加藤咲希らとすぐに仲良くなれそう
  • 得意科目は英語。小学から英会話を習っていることもあり、自信アリ。中学になって最初、1学期の通知表も、英語”だけ”は「5」を獲得した(逆に言えば、英語以外はイマイチの成績)
  • それを裏付けるように、休校中の課題に取り組んだところ、まったく理解できない。英語のみ、辛うじてこなせたものの、その他の科目は全滅ということで、ニコモきっての”おバカ”キャラであることが判明。この先が思いやられる
  • こう見えて、お化け屋敷や怖い話の類、心霊系、さらにはグロいの系まで全部大好き。撮影の空き時間、先輩モが後輩たちを驚かすために怖い話を始めると、田中だけはニコニコして聴き入る
  • それらがなぜ怖くないかといえば、お化けさんの心残りを解決し、心安らかに成仏させてあげたいと願うから。ちょっと変わっているが、実はとても優しい心の持ち主
  • 基本、声を出さない。ニコラのドッキリ企画で驚かされたときや、バッグの中身の強制調査などで先輩モから私物を奪われたときも、無言。とにかく反応が薄い
  • ニコモになって1年半、人見知りはまだまだ克服できず。事前に贈られる撮影詳細を見て、当日、オーデ同期や仲良しと一緒の撮影だと安心だが、まだ気軽に話せない先輩モと一緒のときは、すでに前日から気が重い
ニコラ時代
  • ニコラ2019年10月号のオーデ合格発表ページに掲載。これが記念すべきニコラ誌面への初登場となる
  • ただし、同ページは合格者速報にすぎず、使われた写真もオーデ最終審査におけるカメラテストで撮影されたもの。ニコモのお仕事(撮影料が発生)としての撮影によるものではない点、一般的なニコモデビューは、あくまで11月号とされる
  • そんな合格発表ページでは、5人の並びで田中がセンターの位置。また、2019年9月1日に、ユーチューブの「nicola TV」にアップされた新モ紹介動画でも1番最初に登場。現時点で、田中が23期トップの扱いであることが分かる
  • 事務所面接を経て、所属は「エヴァーグリーン・エンタテイメント」となる。現役モでは、若林真帆広瀬まのかの2人が事務所の先輩となる
  • 下の名前の「南」は、2019年に卒業した先輩ニコモ南沙良の名字と一緒。その南は、小林花南が新モとして加入してきた際、「わぁ~!このコ、名前の一部に私の名字の”南”が入ってる!」と喜んでいた。田中の場合、完全に名前が南で一致するため、もっと喜ばれてたはず
  • 下の名前が「みなみ」のニコモは、オーデ14期の三瓶みなみ以来、ニコラ史上2人目。なお、三瓶はひらがなで「みなみ」
  • ニコモとしての呼び名は、通常パターンに則り、下の名前をカナにした「ミナミ
  • 編集部による合格者PRは「2度目のオーデ挑戦で夢をつかんだ!優しい笑顔の愛されガール♥」
  • 最終審査に立ち会ったオーデ応援隊長白井杏奈による第一印象は「オーデでは瞳がウルウルしてて緊張気味だったけど、がんばってって応援してあげたくなる&守ってあげたくなるコだなって思った」
  • 白井のコメントは、他の同期4人については誌面で5行。対して、田中のみ6行と長めの文章になっている上、明らかに気持ちが入っている点、田中が白井のお気に入りであることがうかがえる
  • 東京開放日やミニミニ開放日など、読者招待イベントで披露する自己紹介のキャッチフレーズは、来場した読者との掛け合いの形になっている。田中「東西南北、北の逆は?」読者「ミナミー!」田中「はい。ありがとうございます。中学○年生、○○歳。ニコモの田中南で~す」(○の中はイベント時点での学年・年齢を言う)
  • ニコラ2019年11月号への登場がニコモとしての初撮影。「第23代新モ!キャラ立ちプロフ」ページにて、新モ5人で合わせて100コの質問に回答する
  • 同じ11月号では、さっそく先輩との撮影も。同じ新モの太田と共に、イキナリ対決型の企画「JC運動オンチモスポーツテスト」に参加。編集部からはインドア派ということで運動オンチを期待されたが、そこは水泳をずっと続けていて身体能力はそこそこ高い南。各種目でそつなく得点を獲得し、みごと総合2位に輝く
  • 2020年1月号の「なんでもランキング2019」恒例のコスプレで、田中は大好きな”るぅと”くんを担当。組橋や加藤ら6人でやったすとぷりコスは、ニコ読でない”すとぷりすなー”の間でも「可愛い~」「似てる!」などと話題となったように大好評だった
  • 同じ1月号では、ニコラのオーディションへの応募から合格までを物語にしたリアル体験マンガ「わたしがニコモになるまで」第8話にも登場。23期の新モとしてはトップバッターで、実際リード文中にも「期待の中1新モ」とあるように、編集部の評価は同期中で最も高いことが分かる
  • そのマンガの中では、小6のときの応募で、最終審査落選の連絡を受けた際、編集部から「ぜひ来年も受けて下さい」と言われたものの、心の中では2度と受けるか(怒)!とブチ切れていたと打ち明ける(その後しばらくたって冷静になり、やっぱりニコモになりたい!と再挑戦を決意するに)
  • 1月号から事務所オーデにより加入してきた新モ凛美と仲良くなる。同じ中1で編集部からの”推され同士”ということもあり、撮影が一緒になることも多数。早くもニコラ公式ツイッターに、お互い撮った写真を載せあったりしている。セナワカに対抗するユニットりみなみ結成の布石もいわれる
  • 2月号では、私服の中学生選抜11人に選出。2/3ページが与えられ、6体を組む。撮影の際、ポージングに悩んでいたところ、先輩モ町田恵里那がアドバイスをしてくれた
  • 2020年1月26日のミニミニ開放日に登場。TNM上位メンバーの先輩たちに混じり、新モからは田中と凛美だけが参加する。当然、お互いにとって初のミニミニであり、少しでも緊張を和らげるため、事前に2人で話し合い、私服のスカートをおソロにする
  • 3月号では、同学年の凛美と2人で、明治ミルクチョコレートの撮影。とにかくチョコをメインとして目立たせるという初めてのタイアップ撮影に、両者ともにめちゃめちゃ緊張する
  • 4月号のキャラ立ち宣言で立てた目標は「吹奏楽部で目指せ!金賞」。ニコモのお仕事と両立し、部活をがんばることを宣言する
  • また、同企画において新中2同士の投票により決定した田中のキャラは「モテ」と「ヲタ
  • 2020年3月21日のニコラTVにて「ミナミのモーニングルーティン」の動画が公開される。田中にとって、これが記念すべき初のピン動画。お肌ツルツルの秘訣や、ナチュラル透明感メイクのポイントなどを、緊張しつつも一生懸命説明する
  • 3月26日、自身の公式インスタグラムを開設する。現役ニコモとしては25人目。オーデ23期では太田に次いで2番目のインスタデビューとなる
  • コロナによる自粛&学校休校の期間中は、勉強は宿題限定で最小限に、あとはひたすらマンガを読んだり、アニメを見まくったりとヲタの本領発揮して過ごす
  • 6月号の連載「着回しラッキー7」を担当。ずっと憧れていた連載ということで、企画を知らされた日からというもの、毎日眠れないほど考えて考えてストーリーと服を決める。ロケ先では、すこぶるウサギの着ぐるみが出迎えてくれて感動する。また、ストーリー中で出てきたカラオケボックスでは、せっかくだからということで、ややテレつつも実際にヨルシカの「ただ君に晴れ」をスタッフを前に熱唱する
  • ニコラ復活となった2020年7&8月合併号では、オーデ連載「ニコモオーデカウントダウン」に登場。現役モで唯一の落選経験者として、2度目で合格することができた秘訣が明かされる
  • 9月号のヘアメイク企画では、かねてからやってみたいと思っていたくまさんヘアを披露。表情&ポーズ含め、その可愛さが評判となる
  • 10月号の小顔ランキングは、15位とほぼ真ん中。ただし、口の大きさが横幅5.7㎝と第1位。編集部評価も「大きな口元が小顔ポイント」とあるように、典型的なハデ顔の美人といえる
  • また、同じ10月号で実施されたスポーツテスト企画では、もともと運動が苦手なこともあり、すべての種目で20位前後と全く振るわず。しかも、編集部コメントにて「動きが凝り固まっていて奇妙」だの「運動中、一言も声を発さないのが不気味」だの言われる始末
  • 11月号の巻頭「シズミナ ヘアカット」企画で、これまで長い間ロングだった髪をバッサリ25㎝カット。ボブにイメチェンする
  • 同じ11月号では、ピン企画「50質」が掲載。2ページ独占で50コに渡る質問に回答する。「まだニコラで自分を十分に発揮できない現状がもどかしい。今回、髪を切ったことをきっかけに生まれ変わる!」と宣言する
ニコラ登場メモ
  • 2019.10月号:合格発表
  • 2019.11月号:新モ特集、運動オンチ選手権
  • 2019.12月号:ヘアアレ
  • 2020.01月号:ニコモになるまで(体験マンガ)
  • 2020.02月号:私服選抜
  • 2020.03月号:明治チョコ
  • 2020.04月号:キャラ立ち宣言、ペンポ
  • 2020.05月号:公式ファンブック
  • 2020.06月号:着回し連載、シズミナお泊り
  • 2020.7&8合併:オーデ連載、前髪
  • 2020.09月号:私服、学校前髪&ヘアメイク
  • 2020.10月号:スポーツテスト、バッグ中身、小顔
  • 2020.11月号:50質、ヘアカット、学力テスト

スポンサーリンク