若林真帆


ふりがな
わかばやし まほ
生年月日
2004年12月10日
出身
佐賀県
所属事務所
エヴァーグリーン
ニコモになった経緯
第20回(2016年)オーディション:グランプリ
合格時学年
小6
合格時身長
160cm
応募理由
家族の勧め
応募形態
自己応募
初登場
2016年10月号
初表紙
2018年4月号
特記事項
  • 13252人の中から選ばれたグランプリ4人のうちの1人
  • その2016年オーデでは唯一の小6合格で、同期最年少
  • 趣味はDIY。休日には、軍手に作業着で、イスや棚を製作する
  • きょうだいは姉が3人。4人姉妹の末っ子
  • 将来の夢はユーチューバー
  • 会話は基本佐賀弁
  • デビュー時は前髪ナシ。その後、本誌ヘアアレ企画にて、幼稚園以来7年ぶりに前髪を作る
  • 初登場時のキャッチフレーズは「キセキの小6」。2016年当時では、唯一の小学生ニコモながら、そのオトナっぽさ&完成度の高さが強調される。実際、将来の部長就任を前提としたオーデ合格ともいわれる
  • チャームポイントは、とくに手入れしなくても整っているまゆげと、高くて形のいい鼻
  • 実は、ニコモになる前までは、美容へのこだわりは特になし。服はお母さん任せ。おしゃれに全く関心がなかった
  • ニコモになってからというもの、ファッション雑誌をたくさん買い込み、おしゃれとファッションに関する研究を欠かさない。特によく読む雑誌として、ニコラはもちろん、ハデ系なら「ポップティーン」、姉系・オトナっぽ系なら「セブンティーン」など、その目的に応じ、参考にする雑誌を使い分ける
  • かなりのしっかり者として、担当マネージャーからも信頼されている。ニコモになった直後である小6のときから、撮影で上京する際、佐賀空港での飛行機の搭乗手続きも、全部ひとりでやっている
  • 中1の夏まで、愛知からの新幹線にひとりで乗れず、母親といっしょに新潮社の編集部まで通っていた、同い年の高田凛(現ニコプチモデルで今年のニコラ進級候補)とは大違い
  • ニコモのデカ目ランキングで3位。とにかく目が大きいため、ゴミが入りやすく、目薬が手放せない
  • 東京開放日で披露した自己紹介のキャッチフレーズは以下の通り。会場に来た読者との掛け合い形式となっている
     若林 「ニコ読のみんなぁ~☆発声練習はじめま~す」
     読者 「(歓声)まっほー、まっほー、まっほー」
     若林 「は~や~い。私に続いて言ってください。やっほー?」
     読者 「やっほー!」
     若林 「まっほー?」
     読者 「まっほー!」
     若林 「は~い。まっほーこと若林真帆です」
  • 2017年11月号では、待望の個人名が入った企画「マホのスクーズの世界」が掲載。商品紹介がメーンの上、1ページながら、大きな写真で登場する
  • 続く12月号では、読者アンケート「最近オシャレになったと思うニコモ」で、ダントツ第1位を獲得したことへのご褒美として、ついに本格的な個人特集「マホがおしゃれになった理由」が掲載。2ページに渡り、自身&新モ6人のスタイリングを行う
  • 2018年の目標は「ハワイロケに参加すること」
  • 2018年1月号では、現役モ唯一の同学年で、1期後輩の小林花南とツーショット企画が掲載。これを機に意気投合。すっかり仲良くなる。将来的には、ユニット「マホカナ」結成の布石とされ
  • 4月号では、ニコモ歴19ヶ月目にして、ついに初表紙となる。白井杏奈とのツーショットは、2019年度の部長候補(白井)と、その次の候補(若林)ということで話題となる。なお、編集部から今回の表紙起用決定を知らされたのは去年12月のはじめ。以来、撮影のあった1月下旬まで、白井とともにダイエットに励んできた
  • ちなみに、この「小6合格⇒新中2(4月号)で初表紙⇒部長(現生徒会長)」という流れは、4期先輩の鈴木美羽&2期先輩の川床明日香と全く一緒。2年後の部長(改め生徒会長)就任への有力な根拠となる。実際、2018年の夏にやって来るニコプチ進級(現時点で誰かは未定)以外に、同学年の強力なライバルも不在であり、若林が会長になる可能性は相当高い
  • また、同号においては、3月号から始まった、編集部が特に推すニコモを1人ずつ紹介する連載「今月の推しモ」第2回に登場。1ページにわたり、個人特集が掲載される
  • 5月号では、またまた同学年小林とのロケ企画。小林については、6月号で毎年オーデ同期から1人だけが選ばれる新モ特集「お仕事密着」が掲載されることからも、若林と共に完全に「マホカナ」としてのユニットが定着しつつある
  • 7月号より、恒例のニコプチ進級として、安村真奈高田凛町田恵里那の3人が加入。若林と同世代の中2モが、一気に5人となる
  • そんな7月号では、さっそく中2モ企画が掲載。5人で「ビビり」「プリ画」「おしゃれ」「おバカ」の4部門において、それぞれのナンバーワン決定戦を行う。若林は、5人中で圧倒的なニコモ歴を誇るものの、いずれも部門でも4位や3位といった中途半端な順位で、爪痕を残せなかったところ、最後の企画おバカ部門において、ナンバーワンを獲得。つまり最もおバカであることが証明され、バカキャラを死守する
  • さらに、抜き打ち「ニコモ女子力テスト」にも選抜され、同企画に強制参加。結果、バッグの中身も、脱いだ私服もグチャグチャ。手の指もササクレがいっぱいで、すべての項目にわたって低評価。予想されたことではあるが、女子力のなさが判明する
  • 加えて、ニコ学物語#117「恋の対局」にも登場。ついにニコ学で初となる主役を担当する。将棋が趣味の女の子を演じる
  • 9月号の「中2モ私服」の撮影はゲームセンターにて。その撮影終了後、クレーンゲームに直行。目をつけていた、しゃくれコアラのぬいぐるみを、みごと一発でGETする
ニコモとしてのあゆみ
  • 2016.10月号:合格発表
  • 2016.11月号;新モプロフ
  • 2017.02月号:卒服BOOK
  • 2017.04月号:ヘアカット(7年ぶりに前髪作る)
  • 2017.07月号:抜き打ち一斉テスト
  • 2017.09月号:夏私服
  • 2017.10月号:体育祭(チームピンク)
  • 2017.11月号:スクイーズ特集
  • 2017.12月号:マホがおしゃれになった理由
  • 2018.01月号:マホカナ原宿デート
  • 2018.02月号:晴れ着
  • 2018.04月号:初表紙、推しモ連載
  • 2018.05月号:マホカナ企画
  • 2018.06月号:私服着まわし連載
  • 2018.07月号:ニコ学(主役)、中2モ企画
  • 2018.09月号:中2私服、新大久保ロケ

スポンサーリンク