小林花南


ふりがな
こばやし かなみ
ニックネーム
ゴンちゃん
生年月日
2004年10月1日
出身
東京都
所属事務所
インセント
ニコモになった経緯
第21回(2017年)オーディション:グランプリ
合格時学年
中1
合格時身長
156cm
応募理由
大好きなお洋服を発信できる、すっと憧れていたお仕事だったから
初登場
2017年10月号
初表紙
まだ
どうやってニコモになった?
  • 2017年実施、第21回ニコラモデルオーディションに応募。歴代オーデ史上で2番目に多い14734人の応募者の中から選ばれたグランプリ6人のうちの1人
  • 同期合格は、広瀬まのか池未来実湊胡遥平澤遙組橋星奈
  • 21期は、これまでのオーデで最も合格者の平均年齢が低かったこともあり、唯一の中1合格である小林は最年長。その他5人の同期は、全員が小学生
  • オーデ合格後、最初のイベントである事務所面接をへて、所属事務所はイデア(インセントグループ)に決定。同事務所がニコモオーデ合格者を引き受けたのはこれが初めてのケース
  • 小林姓のニコモは、小林涼子、小林玲美、小林恵月に続き、歴代4人目
  • 10月1日生まれの現役ニコモは、小林他、藤本林花美愛北川花音と3人が集中
どんな女のコ?
  • 家族構成は父、母、5コ上の姉、本人、7コ下の弟
  • 姉がニコ読であったため、小林自身も小学校低学年から、いしょにニコラを読んでいた。それからほどなく、自然とニコモに憧れるようになり、はやくも小4あたりからは、モデルになることを意識して、体型や美容に気を付けていたほど
  • 好きな歌手は「E-girls」「flower」「EXILE」「三代目」。姉が友人と行ったライブにくっついて行ったことをきっかけに、最初にGENERATIONSにはまり、今ではすっかりLDH箱推し
  • そんな自他共に認める大のLDHヲタである小林にとって、事務所決めの際、もしかしてLDHに所属できるかも?といった淡い期待を抱いたが、よく考えたらダンスも歌も未経験であり、おまけにLDHはニコモオーデ合格者の引き受け実績もなく(事務所オーデをへて、E-Girlsの売り込みに関連して藤井夏恋がニコモになった1例のみ)、声がかからなかったのも当然といえば当然と、ひとり納得する
  • 好みのタイプは岩田剛典(三代目JSB)
  • 好きな食べ物はうどん。中でも稲庭うどんが一番好き。様々なうどん屋さんを周り、食べ比べするのが趣味
  • チャームポイントは、ハーフみたいなやや茶色がかった髪の毛。染めているわけではなく、もともと自然の色
  • 中学では吹奏楽部に所属
  • 美人系・清楚系の落ち着いた雰囲気の外見に反し、中身は完全にパリピ
  • 家族からは「ゴンちゃん」と呼ばれている
  • ゴンちゃんの由来については、もともとは、父が小林のことを「かなごん」と呼び始めたのがきっかけ。それが後に「ごんごん」になり、やがて「ごんちゃん」へと変化。表記も語頭の「ごん」が、カタナカとなり、現在に至る
  • 胃下垂であるため、食後はポッコリと、お腹が膨らむ。これがとにかく愛らしいと周囲からは評判であるが、本人はかなり気にしている
  • 学校の友達からは「かなみんみんぜみ」と呼ばれている。また、「びっくりしたときの顔が、(いい意味で)ゴキブリみたい」と言われる
  • 負けず嫌いで、できないことがあると、そんな自分が許せず、徹底的に克服しようとするタイプ。体育の授業のなわとびで、2重跳びができなかった際は、なわとびを購入し、家で猛特訓。できるようになるまでがんばった。見かけによらず、意外と根性がある努力家
  • 最近、1番欲しいモノは、「ニコモの高田凛ちゃんの顔」。生首とかそういうコレクション的な意味ではなく、伊藤潤二の「顔泥棒」的な意味。とにかくガーリー顔になりたいという願望
  • 特技は身体は柔らかいこと。お風呂上りは柔軟が日課。バレエ経験者でもないのに、180度開脚も余裕でできる
  • 今まで生きてきた中で、最も「お得」だったと感じたことは、ニコラのオーデ合格の副賞として、アイロン、チェキ、リュック、コスメセット、3大ブランドコーデ一式などなど豪華8点セットが、ただでもらえたこと。そんな秋服コーデ一式セットは、3ブランドの中から各自欲しいものを選択できたが、小林は大好きなレピピ詰め合わせを選ぶ
  • オーデ21期にあっては、さすがに最年長だけあって、お姉さん役のまとめキャラ。すでに、最終審査のときから、周りを盛り上げようと、待ち時間やお昼の休憩時間を使って積極的に周りに声をかけたり、みんなが仲良くなるように話を振ったり、いろいろ気を配っていた
  • とにかく、ニコラの撮影現場では、歌って、踊って、ひとりで喋ってなどなど騒がしい。うるささナンバーワンの盛り上げキャラ
ニコラでの活躍
  • 2017年10月号の合格者お披露目ページ、続く11月号の新モ特集を経て、12月号からは、いよいよ本格的にニコモとして活動開始。ただし、新モの中では小林のみ中1ということもあり、他の同期5人とは基本的に別行動。さっそく先輩モたちに混じって、「学力テスト企画」や「制アレ」「なんでもランキング」「中学生持ち物データ」などなど、中学モ限定の企画へ多数参加するようになる
  • その12月号では、コンプレックス克服企画として「笑顔」を担当。自身、まだまだ笑顔がぎこちないことを自覚しており、先輩モたちからレクチャーを受ける
  • また、同号掲載の若林真帆による新モコーデ企画では、オトナっぽカジュアルに挑戦。若林からの評価は「ストリート系も似合いそうだけど、花南ちゃんは特に美人顔だから、やっぱりオトナっぽい方が似合うと思う」。そんな若林は、オーデの上では1期先輩であるが、同学年。のちに「マホカナ」としてユニットを結成することになる
  • さらには、ニコ学物語「卓球部」にも、黒坂莉那の後ハイ役で初出演。デビュー2号目で、イキナリニコ学に登場ということで、実質ニコモ歴1月の状態。もちろん同期で1番最初となる
  • 2018年1月号では、その若林とツーショット企画が掲載。これを機に意気投合。すっかり仲良くなる
  • 2018年の目標は「いつでも可愛く、いつでも笑顔」
  • 2月号の「ものまね企画」では、スティッチを担当。顔じゅうを真っ青に塗りだくる。ただし、編集部からは「カナミはメークの汚さナンバーワン」との評価。意外と不器用&雑であることが判明する
  • 3月号の撮影では、プチモ歴半年にして、ついに本性が発覚。デビュー時は、さすがにおとなしかったが、慣れるに従いじょじょにうるさくなり、ついにはカメラマンから「しゃべりすぎ!」と注意されるほど
  • 実際、その清楚で優等生的な外見に反し、話し相手がいればそのコと、相手がいないときはひとりで、とにかく延々しゃべっている超絶おしゃべりキャラ。もちろん先輩モに対しても全く臆することなくグイグイ絡み、進んで話しかける
  • また、大食いのうえ、大雑把な性格であることも判明。撮影のたび、その美人系の見た目とのギャップに、編集部スタッフたちは驚かされ続ける
  • さらに同号の「横顔ヘアアレ」企画においては、横顔がカワイイ選抜に、香音南沙良らとともに新モとしてはただ1人選出。やっぱり見た目は完璧。そのため、ヘアアレ系ページはじめ、ファッションページにも、ビューティ系ページにも、バランスよく登場機会が増えてくる
  • 4月号の卒業思い出企画も、例によって、若林と2人で「SCでお買い物」。もはや、同学年が2人しかいない以上、学年別の企画では100%”まほかな”で一緒になるため、本格的にユニットとして認識され始める
  • 5月号に掲載されたニコモを各部門ごとにランキングする企画の「うるさい部門」で、新モながらさっそく第2位に入賞。上記の通り、撮影に慣れてきてからというもの、現場では延々喋っているため、編集部の間では「小林がいる撮影はうるさい」と評判になる。もちろん、現場の雰囲気が常に明るくなって助かるという、いい意味も込められている
  • 6月号では、第22回ニコモオーデの募集スタートに伴い、前年の合格者を代表して、小林の密着特集が2ページにわたって掲載される。この密着ページ担当は、オーデ直前期の恒例行事で、前年(20期)の多田成美、前々年(19期)の白井杏奈に続くもの。朝の集合から、解散にいたるまで、まる1日、小林の撮影に完全密着する
  • そんな密着企画ということで、いつもの撮影と違ったシチュエーションに加え、たまたまこの日は一緒の撮影が先輩モばかりということもあり、いつもはうるさいほど喋っている小林が若干静かめ。それに気づいた川床明日香から「カナミちゃん、いつもより元気ないんじゃない?」と突っ込まれたりもした
  • 7月号の企画「抜き打ち中学生モ女子力テスト」に参加。最初の私服チェックでは、着てきたワンピはシワシワ、爪にはマニキュアが残り、ポーチは口が閉まらないほどパンパンであり、結果10人中9位という不名誉な成績。女子力の低さが完全に露呈する
  • とはいえ、意外にもキレイ好き几帳面な一面もアリ。持ち物が汚れていると許せないタイプで、それが例え他人のものであっても気になって気になって仕方がない。ある撮影で一緒になった、”男前&細かいことは気にしない”で有名な草野星華の私物のコスメがひどく汚れていたのを目にした際、いてもたってもいられず、ついつい勝手にウェットティッシュでキレイに1つ1つ丁寧に拭いておいてあげたことも。変なところにこだわるタイプ
  • また、7月号より、恒例のニコプチ進級として、安村真奈高田凛町田恵里那の3人が加入。ここにきて、小林と同世代の中2モが一気に5人に増加する
  • そんな7月号では、さっそく中2モ全員による企画が掲載が掲載。5人で「ビビり」「プリ画」「おしゃれ」「おバカ」の4部門において、それぞれのナンバーワン決定戦を行う。小林は、プリの「アイデア部門」において1位を獲得したものの、その他においてはとりたてて目立った爪痕を残せず中途半端な成績に終わる
  • こうして、現中2モの間では、生え抜きの「マホカナ」vs「プチ進級」という構図が出来あがることになる。とくに、進級組については、初登場がイキナリ海外ロケの町田、ニコプチ時代の人気ナンバーワン高田、スタイル抜群の安村と精鋭ぞろい。2年後の生徒会長&イメモレースも、これで一層激しくなる予感
  • 同じ7月号からスタートした、ストーリー系の連載「ロート学園」で、待望の主役に抜擢される。親友役である若林のアドバイスにより、憧れの先輩と両想いになるまでの物語。とにかく、3号連続のシリーズ連載の上、各号ともに巻頭付近に掲載されているため、非常に目立つ連載となっている
  • 8月号の「原宿ロケ」では、レインボートーストやアイスを試食。…するだけでは飽き足らず、先輩モたちが食べているところに行っては「私にもちょーだい!」と、ぐだぐだ絡む。このあたりは、すっかりニコモとして溶け込んでいる印象。そんな姿を編集部からは「ハイエナカナミ」と称される
  • 9月号では、待望のピン企画「着まわし連載」を担当。直筆で書いたタイトルは「ゴンちゃんの着たいを詰め込んだ8月着まわし」。この愛称の”ゴンちゃん“につき、ネットで検索しても、出てくるのはなんとうちのサイトただ1つのみ(2018年9月現在)。そもそも、小林をゴンちゃんと呼ぶのは家族だけであるということからも、まだまだ定着していない模様
  • また、同じ9月号では「新大久保ガイド」のロケにも参加。私服での撮影につき、優柔不断でおなじみの安村がベルトの色を迷っているのを見て、小林は「これでいいっしょ!」と強引に選んであげる。とはいえ、安村はニコプチ時代を含めるとモデル歴4年。対して小林はまだ1年。圧倒的にモデルとしての経験は短かったりする
  • ということで、ニコモになってはや1年。合格発表の速報があった2017年10月号から、この2018年9月号まで、小林は1号も欠かさず全ての号に登場している。これは、同期6人では小林のみということで、単に学年が上だからということにとどまらず、編集部からの厚い信頼と読者からの高い支持を意味するものとされる
  • 10月号では、「ニコモトリセツしあいっこ」に登場。仲良しである中2メンバー、安村、若林と3人で、それぞれの取扱説明書を作成しあう。その際、小林のトリセツにつき、他の2人からいずれも「ゴンちゃん」と紹介されている点、もともと家族限定の呼び名であったゴンちゃんが、ここにきてだんだんニコモの間でも定着しつつあることが分かる
  • 同じ10月号では、ニコモ歴1年にして、ついに「ニコ学」の主役に大抜擢。タイトルは「恋する天才ロボットちゃん」ということで、人間の心を持つアンドロイド役を演じる。なお、普段あれだけ騒がしく、緊張とは無縁のおバカキャラでおなじみの小林であるが、メンモとのラブラブを演じるシーンはド緊張。意外な弱点が発覚する
  • 12月号からスタートした、読者投票により次世代エースを決める企画「TNM(Top of Nicola Model)」にエントリー。公式インスタの自己PR動画では、ギター弾き語りで、あいみょんの「君はロックを聴かない」を披露する。なお、ステージ1「写真うつり力」の審査員評価こそCであったものの、若林と共に中2を代表する人気モとして、上位進出が期待される
  • 同じ12月号では、連載「ニコモ編集長」を担当。実は「○○が趣味です!」とのタイトルで、自身の隠された趣味を大々的に公開する。公開された趣味は「寝ること」「LDH」「うどん」「ぬいぐるみ集め」「ストレス発散法探し」の5つ
  • ニコラでもおなじみの女鹿成二カメラマンの名字につき、初対面のとき以来ずっと「めが」ではなく「てんにょ」と読むと思っていた。12月号の撮影の際、「てんにょさ~ん!」と呼びかけると、即時に「めがです」と訂正され、ここで初めて誤りに気づく
  • さらに12月号では「フィーリングカップル企画」にも参加。メンモ5人×ニコモ5人で、次号のデート企画への出演権をかけて、カップル成立を目指す。結果、小林はみごと大倉空人とカップル成立。副賞として、次の1月号ではデート企画が掲載される予定
  • 2018年12月15日、公式インスタグラムを開設する。これから、ファッション&メイクを中心に発信していく予定
  • 2019年1月号では、TNMステージ1の投票結果が発表される。小林は703pを獲得、表紙経験者で次期エース候補の白井杏奈濵尾咲綺を抑え、イキナリの9位入賞を果たす
  • また、前号でのカップル成立のご褒美として、あこがれの東京ディズニー制服デート企画が掲載される。大倉とは「たーくん」「ゴンちゃん」とお互いあだ名で呼び合うも、もともと緊張しぃなこともあり、男子との2人っきりの撮影はビミョーな空気に
  • 2月号の「ニコモ○○説を検証」企画に実験台として登場。「撮影中、ニコモはアイマスクされて放置しても気づかない説」の検証ターゲットとなる。結果的に小林は、5分以上も放置されてもアイマスクのまま待ち続けたということで、編集部からは「待てと言われればいつまでも待つカナミは超ピュア」と称される
  • 3月号の撮影の際、インスタを始めたばかりの小林が、一緒だった加藤咲希に「インスタって何アップしたらいいんだろ?」と相談。対して加藤、「そりゃ好きなものをあげればいいんです」と冷静に即答。ここらあたりから、同学年ということもあり2人で撮影が重なることも多く、”冷静&クール”な加藤と、”騒々しい”小林と、キャラこそ対極ながら、自然と仲良くなる
  • 2019年3月28日、ニコラ東京開放日において、TNMの最終ステージの投票が行われる。小林の場合、初戦こそ第9位に入ったものの、以後は音沙汰無し。けっきょく、ステージ5までは、すべて圏外となっていたが、この最終ステージ「私服総選挙」では、再びギリギリの9位に入賞。まさに、最初と最後で9位に入るという微妙な奇蹟を披露する。とはいえ、2度の9位入賞のみでは、当然に最終結果は圏外に終わる
  • 5月号に掲載されたTNM最終ステージの私服をトレガルが審査する企画では、小林が堂々の1位を獲得。実際の読者審査では上記の通り9位だったものの、プロのモデルの目から見たら1番良いコーデということで、最も大きく掲載される
  • 6月号では、ロートのイベントを兼ねた沖縄ロケに選抜。青井乃乃、白井とともに3人で2泊3日の日程をこなす。ただし、ここで沖縄に行ったということで、さすがに7月号のハワイ行きは事実上なくなる
  • 7月号の「コーデしあいっこ」企画では、加藤とペアになり、お互いをスタイリング。小林は加藤を海外ガール系に、加藤は小林を坂道ガーリー系に、それぞれイメチェンを施す。編集部コメントに「相思相愛」とあるように、とくに最近は加藤とすっかり仲良くなり、よく一緒に遊んだりもしている。ちなみに、小林は加藤のことを、下の名前で「さきちゃん」と呼んでいる
  • 8月号の浴衣撮影では、ニコプチからやってきた新モ阿部ここはと初対面。そんな阿部は、ニコプチ時代からニコラを読んでいて、ずっと小林に憧れており、実際、「1番会いたいニコモはカナミちゃん!」と言い続けていたほど。とはいえ、阿部は小4からプチモをやっているのに対し、小林のキャリアは中1から。1コ年下でも、完全に阿部のほうがモデルとしては先輩である
  • 同じ8月号の「女子力アップ企画」では、この夏にがんばりたいと思っている目標を発表。小林は「太もも-3㎝、二の腕‐2㎝、メイクパターン3種の習得」の3つを掲げる。なお、編集部から目標達成が認められた場合、11月号にて特集が掲載される
  • 9月号のメインの企画として、マホカナ海外ロケがあることが予告される。これに対し「いよいよマホカナ表紙が実現?」とニコ読の間で期待が高まる
ニコラ登場メモ
  • 2017年10月号:合格発表
  • 2017年11月号:新モ特集
  • 2017年12月号:コンプ克服、全中モ制アレ、ニコ学
  • 2018年01月号:マホカナ 原宿デート
  • 2018年02月号:卒服、ものまね、お部屋公開
  • 2018年03月号:横顔ヘアアレ
  • 2018年04月号:思い出企画、ヘアカット
  • 2018年06月号:マホカナ原宿デート、密着特集
  • 2018年07月号:ロート、女子力テスト、中2モ対決
  • 2018年08月号:原宿ロケ
  • 2018年09月号:着回し連載、中2モ私服、新大久保ガイド
  • 2018年10月号:体育祭、ニコモトリセツ、ニコ学
  • 2018年11月号:ハロウィン企画コス
  • 2018年12月号:TNM、モテ企画、ニコモ編集長
  • 2019年01月号:なんでもランキング
  • 2019年02月号:晴れ着、身長体重データ
  • 2019年03月号:クール写真集
  • 2019年04月号:中3ディズニー
  • 2019年05月号:全モプロフ
  • 2019年06月号:沖縄ロケ
  • 2019年07月号:コーデしあいっこ
  • 2019年08月号:ゆかた
  • 2019年09月号:マホカナ海外ロケ

スポンサーリンク