安村真奈


読み方
ヤスムラ マナ
生年月日
平成17年7月8日
出身
熊本県
所属事務所
エイベックス
ニコモになった経緯
ニコプチ進級
加入学年
中2
加入時身長
169.5cm(いまんとこ)
ニックネーム
マーナーちゃん
初登場
2018年7月号
初表紙
デビュー前だしそりゃまだ
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • ニコラ2018年7月号より、ニコプチからの進級で、高田凛町田恵里那とともに同誌専属モデル(ニコモ)。「ニコプチ⇒ニコラ」の進級コースは、第1号である2008年の伊藤夏帆から数えて11年間続いており、同コースによりニコモ加入したのは、今回の安村ら3人を加え、全部で12人となる
  • 進級枠は、創設以来毎年1人が定番となっていたが、2018年は異例の3人セット進級となる
  • これは、2017年の年末に行われた中1(当時)を対象とする事務所オーデにて、合格者が1人も出なかったことで、2018年度の中2世代が若林真帆小林花南の2人だけという異例の事態に進展。他の学年と比べ圧倒的に少ないため、緊急避難的にニコプチから大量補充を行ったと解釈される
どうやってデビューした?
  • 小5の夏、エイベックスが主催する新人タレントオーディション「キラチャレ2015」のモデル部門に応募。結果、同部門グランプリと、ニコプチ賞とをダブルで受賞したことによる
  • このダブル受賞というのは、2010年の福島雪菜(劇団4ドル50セント)以来で、キラチャレ史上2人目となる快挙(その後、2017年に石山えこが3人目となる)
  • キラチャレは一般公募を謳うものの、その実エイベックスの運営する芸能スクール「エイベックス・アーティストアカデミー」の受講生が応募者の多数を占める。完全な一般応募による安村のグランプリ受賞は、その意味でも快挙である
  • 同オーデにて、ニコプチ賞を受賞したことで、その副賞としてニコプチ専属モデルに就任。プチモデビューは2016年4月号となる
  • 同時に、エイベックス・アーティストアカデミーの福岡校に特待生として入校。モデル専攻コースでレッスンを開始する
  • なお、安村と同時にニコラ進級となった高田も、同じキラチャレ2015のファイナリスト。ただし、安村のダブル受賞に対し、高田は格下となる「審査員特別賞」のみの受賞にとどまる。なお、そんな高田がニコプチモデルになったのは、別口で応募していた、同年実施のニコプチ専属モデルオーディションに合格したことによる
  • というわけで、キラチャレ2015のモデル部門決勝大会ファイナリストには、安村(GP&NP賞)に高田(審特賞)という現ニコモ2人に加え、後にニコプチ専属モデルになる前田優衣(受賞なし)、さらには後にラブベリーモデルとなる桃田栗花(受賞なし)までが揃っていたということで、安村らの回は、同コンテスト史上稀に見る高レベルであったとされる
どんな女のコ?
  • 家族構成は、父、母、本人、弟の4人家族。しっかり者なのは長女であることもその理由
  • 好きな食べ物は野菜全般。また、肉より魚派。ニコプチでの神戸ロケの際は、好き嫌いが激しく、野菜を全く食べない先パイ黒坂莉那(プチモ⇒ニコモ)に対し、「りーちゃん、ちゃんとバランスよく食べないと!モデルなんだからお肌にも悪いよ」と説教する
  • 優等生でしっかり者。また、好きな科目は算数と理科という完全な理系女子で、かなり勉強も出来る。実際、ニコプチの学力テスト企画においても、圧倒的な成績で1位となったこともある。ちなみに、同企画において、高田はというとダントツ最下位であった
  • 語学も堪能。幼稚園から英会話教室に通っているため、とくに英語はバッチリで、日常会話程度なら十分に対応できる
  • 特技は一輪車(卒モ小林恵月と一緒)。運動も得意ということで、まさに文武両道
  • 憧れ・目標は、デビュー時から一貫して飯豊まりえ西内まりや松井愛莉。ニコプチ時代にあっても、プチモの先輩ではなく、いずれもニコラ卒業生の名前をあげている点、熱心なニコ読であったことがうかがえる
  • 好きな食べ物はオムライス。中野あいみと丸被り
  • 将来の夢・目標は、このままモデルを続け、東京ガールズコレクションのトップバッターになること。単に出演するだけでなく、1番手というのがポイント
  • 好きなお笑い芸人は、とにかく明るい安村。安村がプチモデビューした当時、まさに一世を風靡していた同芸人と名字が同じであることを積極的にアピールする。実際、安村について、ネットニュースなどで「とにかくカワイイ安村」として、パロディー的に取り上げられることも多かった。しかし、これら一連の経緯は、事務所サイド(マネージャー)による振り付けであったことは明白。なにより、同芸人の凋落とともに、やがて一切触れることが無くなくなったのがその左証
  • 熊本在住ということもあり、モデルというお仕事はもちろん、そもそも芸能界自体にあまり興味が無かった。もちろん、キラチャレが初めて受けたオーディションである
  • 熊本生まれといえば、現ニコラ生徒会長川床明日香(生まれは熊本で福岡在住)と一緒。また、佐賀在住の若林真帆を加え、ニコモの九州勢が3人となる
  • 一見、細くて華奢でおとなしそうに見えるが、実は腕力がめちゃめちゃ強い。撮影の空き時間、うで相撲をプチモでやったりするが、常に安村は全戦全勝。「腕相撲女王」と呼ばれてた
  • アイドルグループ乃木坂46の阪口珠美に似てる
  • 誕生日は7月8日。あと1日早く生まれていれば七夕生まれだった
  • AAAが大好き。この点、ニコラでも、ニコプチでも、ピチレモンでも、ラブベリーでも、とにかくエイベックスの新モは、誰もが判で押したようにAAAファンをアピールするのがデフォ。実際、池未来実もその口である
  • 「ちはやふる」も大好きで、ニコプチの「夏休み読書特集」においては、小説版をプチ読にすすめる。自称”ちはやふるマニア”濵尾咲綺と話が合いそう
  • 身長は、ニコプチ卒業後、最新のもので169.5cm。すでに、現役ニコモで一番大きい多田成美を上回っている。加入後、ニコモで身長トップになるのは確実である
  • 食べても太らないタイプ。ニコプチ時代、編集スタッフには「ずっと食べてるのに何で太らないの?」と不思議がられ、プチモからは「ダイエットの必要がなくていいなぁ」とうらやましがられる。食事は基本、朝昼晩と3食ガッツリ食べ、その代わり間食は一切しない。「胃袋がブラックホール」との異名をとるポップティーンの志田友美もこのタイプである
ニコプチ時代
  • 1番最初の撮影に参加した際、ニコモでいう宮原響並みにコミュ力が高いとされるプチモの先パイ西川茉佑伊藤小春の2人から、さっそく絡まれる。「ねぇねぇ、ヘン顔してみて」「一発ギャグやって」などなど、イキナリのムチャ振りに、免疫ゼロの安村はしばし固まる
  • 小6時から自分の武器はオトナっぽさであると自覚。そんな強みがより引き立つよう、意識して、ポージング&表情、私服の選択などを心がけている
  • 同い年で、同じキラチャレ出身、かつ同じ事務所の夏目璃乃と仲良し。ただし夏目は、キラチャレ2014のモデル部門グランプリ受賞者ということで、安村(2015出身)より1期先輩に当たり、プチモ加入も1年早い。これは、夏目が同コンテストに奇跡的に小4で合格したためであるが、お互いニコプチでは高身長&オトナっぽさ担当ということで、すぐに仲良くなり、「リノマナ」としてユニットも結成する
  • また、仲よしのプチモ4人で結成したユニット「Sin/ゴリラ」のメンバー。ユニット名の由来は、撮影の度、スタジオやロケバスに自前でバナナを1房持ち込み、朝から晩まで1日中ずっと食べている、リーダー岩崎春果から。他のメンバーは、安村の他、黒坂に夏目
  • 初表紙は、2016年10月号。神戸ロケの際に撮影したものが、そのまま表紙に使われる。安村がプチモになって半年、登場4冊目というスピード記録
  • 2017年4月の「プチコレ」で行われたプチモ卒業式では、在モ代表としてスピーチを行う。これは、ニコラ開放日でいう「お手紙担当」ど同義であり、2017年度ニコプチのトップモデルとして認められたこと、つまりは高田より上位とされたことを意味する。この時点で、「2018年のニコラ行きは安村」というのが、プチ読の間で共通認識として形成される
  • 2018年6月号をもってプチモ卒業。最終的は表紙回数5回で、うち4回は高田と一緒に登場。これは、編集部が安村と高田の2人を「マナリン」としてセットで売り出そうとしていたことを裏付ける事実であるが、いろいろあってなかなか定着しなかった
ニコラ時代
  • これから書かれるところです
ニコラ登場メモ
  • 2018.07月号:新モ特集(初登場)
  • 2018.08月号:

スポンサーリンク