近藤結良


読み方
こんどう ゆら
生年月日
2007年6月22日
出身
愛知県名古屋市
所属事務所
オスカー
ニコモになった経緯
オーデ23期
加入学年
小6
加入時身長
153cm
ニックネーム
ゆらゆら
応募形態
自己応募
応募理由
クロちゃんに憧れて
初登場
2019年10月号
初表紙
まだ
最終的な表紙回数
どうやってニコモになった?
  • 2019年実施の第23回ニコラモデルオーディションに小6で挑戦。応募総数10680人の中から選ばれたグランプリ5人のうちの1人
  • 同期合格は、田中南河村果歩太田雫吉岡優奈
ニコモになるまで
  • テアトルアカデミー名古屋校に所属し、主に子役として活動
  • 代表作品は、2017年公開の映画「RE:BORN」で、主人公坂口拓の娘サチ役。これが近藤にとって映画初出演となる
  • その他、NHK土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」や、「鈴鹿サーキット2018春」CMなど、出演多数
どんな女のコ?
  • 下の名前「結良」と書いて「ゆら」と読む。初対面の相手からは、「ゆうら」や「ゆいら」と間違われることも多
  • 名前の由来は「人と人とのびつきがあるように」という両親の願いによる
  • 趣味は御朱印集め、写真を撮ること
  • 特技はフラフープ。同時に2本を回すことができる
  • チャームポイントは小動物を思わせる大きな前歯
  • 中学での部活は家庭科部。手芸や料理が得意ということで、先輩モ野崎奈菜と一緒
  • 霊感が強いタイプ。特にお盆やお彼岸のときなど、家の誰もいない部屋に、人の気配を感じることがある。また、金縛りもよく体験する。このあたり、趣味の御朱印集めとも関連するのかもしれない
ニコラ時代
  • ニコラ2019年10月号のオーデ合格発表ページに掲載。これがニコラ誌面への初登場となる
  • ただ、同ページは合格者速報である、掲載の写真もオーデ最終審査におけるカメラテストの際に撮影されたもの。ニコモとしてのお仕事(撮影料が発生)によるものでない点、正式なニコモデビューは、あくまで11月号とされる
  • 事務所面接を経て、所属は「オスカープロモーション」となる。同事務がオーデ合格者を引き受けたのは、2014年合格の第18期溝部ひかる以来となり、実に5年ぶり。よって、現役モのオスカー所属者は、もちろん近藤ひとりだけ
  • 愛知県からオーデ合格者が出たのは、第12回(2008年実施)の田中若葉&山口実紗によるダブル合格以来で、実に11年ぶり。なお、今回も太田&近藤によるダブルとなる
  • また、同県出身は現役モでは、ニコプチ進級の高田凛だけだったところ、これで一気に3人に増加する
  • 近藤姓のニコモは、オーデ7期の近藤里沙以来、ニコラ史上2人目
  • ニコモとしての呼び名は、通常パターンに則り、下の名前をカナにした「ユラ」。オーデ同期である吉岡の「ユナ」とちょっと紛らわしい
  • 編集部のつけたキャッチフレーズは「パッチリおめめに一目ぼれ♥みんなから愛されるガーリーモ誕生」
  • さっそく、池未来実町田恵里那の路線を継承するガーリー担当として期待されていることが分かる
  • 最終審査に立ち会ったオーデ応援隊長白井杏奈による第一印象は「けっこう2人っきりで話す機会があったんだけど、元気でとても話しやすかった。笑顔が可愛くてキラキラしてた」
  • オーデ合格時のアンケートで「憧れ」としてあげたのは黒坂莉那
  • ニコラ2019年11月号への登場が、ニコモとしての初撮影。「第23代新モ!キャラ立ちプロフ」ページにて、新モ5人で合わせて100コの質問に回答する
ニコラ登場メモ
  • 2019.10月号:合格発表
  • 2019.11月号:新モ特集

スポンサーリンク