びーきーパイセン♥愛の劇場



ニコラ9月号「姉モ&妹モコーデ」の撮影が終った後。

マノカは、自身のコーデを担当してもらった先輩ニコモ、ヒビキから誘われた。

「マノカちゃん、これから暇?」

「え…。あ、はい」

「じゃあ、2人で一緒にカラオケでも行こっか」

「はい☆」

 

 

ヒビキといえば、ニコラへの愛情はもちろん、ニコモで1番読者想いなことでも有名。後輩のニコモからも慕われ、なにより学校の勉強もできる優等生として知られている。

新年の抱負として「優等生キャラを目指す!」と宣言したマノカにとって、まさに理想であり憧れの存在。大好きな先輩なのである。

そんな先輩から誘われたことが、うれしくてたまらないマノカであった。

 

 

こうして、撮影が終わると他のニコモとの別れの挨拶もそこそこに、2人はニコラ編集部の入る新潮社本社ビルから程近い、JOYSOUND 神楽坂店にやってきた―――

「終了時間のご連絡はありません、それではごゆっくりどうぞ」

個室に入り、2人っきりになったところで、さっそくヒビキが切り出す。

「わぁ~。マノカちゃんのほっぺたって、なんでこんなにやわらかいの~?」

そう言いいながら、ヒビキ。

おもむろに、マノカの頬に手を伸ばし、優しく優しくなでまわす。

そんな先輩の行為にマノカ、ちょっと引きつつ、困った様子で。

「あ・・・あの。そうだ。私、飲み物注文してもいいですか?」

ヒビキの手を振り払うように立ち上がると、注文用の受話器を手に取る。

するとヒビキ。

座ったままマノカを見上げて、いつもとは違った声色で。

「ええ、いいわよ。マノカちゃん、なんでも注文なさい。もちろん、お姉さんの、おごりよ」

ニコラ誌面でおなじみ、パッと輝くような笑顔で言う。

「あ、はい。え~っと、じゃ、私、タピオカミルクティーを…」

と、マノカが言いかけたところで、それをさえぎるように。

「もちろん、私の手作りのチョコレートクッキーも、食べるわよね?」

「へっ!?」

思いがけない申し出に、おどろくマノカ。

「うん、あのね。私、マノカちゃんのために、焼いてきたのよ」

ここでヒビキ。

ゴソゴソと、自慢のピンクのLSBのバッグを開けると、手作りらしきクッキーの入った、大きな水色のタッパーを取り出し、ドカンとテーブルに置く。

「あ、あの~。私、あんまりチョコレートは…」(っていうか、ここ持ち込み禁止じゃ?)

小声でマノカ。

実は、甘いものがニガテなのである。

しかし、そんなマノカに対し、普段の撮影のときは見せたことのないような押しの強さでヒビキ。

「た・べ・る・わ・よ・ね?」

「は・・・はい」

ヒビキの剣幕に若干おびえつつ、仕方ないので、うつむいたまま小さく返事をする。

「それじゃあ、マノカちゃん。私に『食べさせてください』 ってお願いしてみて。そしたら、お姉さんが食べさせてあ・げ・る」

これにマノカ、一瞬ためらうものの、やがて意を決して。

「た・・・食べさせてください」

しかし、マノカの口から出た声は、それはそれは小さなものだった。

もちろん、ヒビキは不満である。

「なぁに? 聞こえない」

ヒビキ、大げさに、手を耳に当てて、うながす。

「食べさせてください!」

こんどは、しっかり大きな声が出た。

ようやく満足そうに微笑むヒビキ。

「ふふふ。いいコね。それじゃあ、約束どおり、お姉さんが食べさせてあげる。でも、その代わり、全部食べ終わるまで、帰さないから。いい?」

続けて。

「もし残したりなんかしたら、おしおきよ」

そう言うと、ヒビキ。

タッパーから、クッキーを1つつまんで取り出すと、ゆっくりとマノカの口の前に差し出す。

「はい。あ~ん」

もう、こうなっては食べるしか道のないマノカ。

仕方なく、チャームポイントでもある小さな口を、小さく小さく開いて待つ。

「もっと大きく」

すぐに、ヒビキから鋭い叱責が飛ぶ。

これに、マノカ。

「ぁ~」

やや大きく開くも。

「ほら、もっと!」

「あ~」

「もっともっと!!!」

「あ゛~」

≪パクッ≫

「どう? おいしい?」

「≪もぐもぐ≫  お・・・・おいひぃです ≪もぐもぐ≫ 」

「そう、よかった。うれしいわ。うふふ」

「≪もぐもぐ≫ 」

こうして、タッパー1箱分のクッキーを食べ切るマノカの姿を、幸せそうに見つめ続けるヒビキ先輩であった。

《終劇》

スポンサーリンク

ニコ物語#5「びーきーパイセン♥愛の劇場」