リンとクルミとニコモの死体



その日リンは、とある場所にクルミを呼び出して、連れて行った。

リンとクルミとは、それぞれニコモになった経緯も年次も異なるが、ニコラ2018年10月号「ガールズルール写真集」の撮影でいっしょになった際、話してみたら意気投合。

おとなしくて控えめなリンと、お喋りで常ににぎやかなクルミとは、正反対に見えるが、なぜか気が合い、すっかり仲良くなった。

そして今やリンは、クルミの趣味・嗜好について、もはや表向き彼女と1番の仲良しとされるコハルをこえ、最大の理解者となっていた。

そう。クルミは、アイドルのような外見&ひと一倍周囲に気を遣う優しい性格とはウラハラに、びっくりするくらい変わったもの、奇妙なものを好む女のコなのである。

ニコラの撮影の日、朝っぱらから、スマホでホラー動画の残酷シーンや、グロ系の残虐動画を、ひとり延々視聴してる姿は、もはやニコモやスタッフの間でもすっかり有名な話。

そして、そんなクルミにとって、「ニコモの死体」なんてものが、もしも目の前にあったなら、それはもう間違いなく彼女の最も見たい部類に入るに違いない。リンは確信していた。

だからこうして、クリスマスの日の深夜であるにもかかわらず、わざわざクルミの自宅に電話し(リンはLINEをやらない)、大阪から、リンの地元の愛知まで呼び出したのだ。

 

 

「リンちゃん、リンちゃん。こんな夜中に呼び出すなんて、なんやねん。どないしたん?」

会うなり、クルミが疑問を口にする。

「はい。おひさしぶりです。1月号の『TNM』の撮影以来でしょうか?」

「せやな」

リンは直接疑問には答えず、簡単な挨拶だけをかわすと、クルミをそこから程近い繁華街まで誘導する。

無言で歩く2人。

もともとリンが無口であることは分かっているので、普段おしゃべりなクルミもおとなしく黙っている。

ややあって、前を行くリンの足が止まり、密集するビルの間の奥まったところにある、汚いゴミ捨て場を指さした。

そこは、青いビニール袋が無造作に積み重ねられ、生ごみ特有のヒドイ悪臭が漂っている。

そして、問題の死体は、自然に、まるで眠るようにその場に横たわっていた。

「わぁ~、女の人や!」

クルミは、興奮を抑えるようにつぶやくと、死体に顔を近づける。

「でも、この人。眠ってるみたいや。ウチが起こしたろか?」

手を差し伸べようとするクルミを、リンは不敵な笑みを浮かべつつ制して。

「ふふふ。死んでる人間は、起こせません」

そう言われて初めて、目の前に横たわる女性が、実は死体であることに気づくクルミであった。

 

 

「首のところを、ご覧になってください。赤くこすれたような傷があります。おそらく、ロープか何かで、絞め殺されたのだと思われます」

「わぁ!殺人や☆ で、この人、いったい誰なん?」

リン、ここでちょっと考えるそぶりをみせつつ、きっぱりと答える。

「メークや服装、身長や年齢、顔立ちから見て、女優さんかファッション雑誌のモデルさんではないでしょうか? それもハーフでいらっしゃるようです」

ここでハッと、思い出したようにクルミ。

「あっ!!ウチ、この人のコト知ってるわ! ニコラの卒業生や! うん、間違いない。『ルームロンダリング』に出てたわ」

 

 

「で、リンちゃん。どんなふうに発見したん?」

「はい、あのですね。塾の帰りに、のどが渇いてしまって、ちょっと飲み物でも買おうと、そこの自動販売機のとこまで来たんです」

そう言うとリン、深夜でも、こうこうと輝く自販機を指差す。

「そうしましたら、このゴミ捨て場に横たわる、奇妙なものが目に付きまして。最初はマネキンか何かだと思ったんです。ほら、モデルならみなさん持ってらっしゃるトルソーみたいな。でも、近づいてよく見てみたら・・・本物でした」

ここまで喋り、黙り込むリン。その視線は死体に向けられている。

そこでクルミは、さらに質問を続ける。

「なんで、ウチを呼んだん?」

「クルミさん、こういうの、好きだと思って」

リンは、死体を見つめたまま答える。

すると、これまで無表情だったクルミの口元が、一瞬笑ったように、つり上がった。

おもむろに、死体の顔に自分の顔をピッタリ近づけ、凝視するクルミ。

「それにしても、キレイな人やわぁ~」

「はい、かなりの美人さんです。わたくし、テレビは見ないので、どなたかは存じ上げませんが、エキゾチックな顔立ちで、スタイルもよくて・・・」

「おっぱいもめっちゃ大っきい!!身長あって、細くて、スタイル良くても、貧乳が基本のニコモには滅多にいないタイプや~!」

クルミが興奮気味に引き取る。

「はい」

リンは、ニコニコしながらうなずいている。

と、ここで、クルミが、思いもかけないことを言い出した。

「ウチ、これ、持って帰るわ!!」

 

 

「は?」

基本、冷静で、何ごとにも動じることのないリンであるが、ここで珍しくうろたえる。

「うち、ホンキやねん」

「あの、失礼ですが持ってかえって、どうするんでしょうか?」

当然の疑問である。

これにクルミ。

「そりゃ、いっしょ暮らすねん。おうち帰ると、死体があるなんて素敵やん☆それも、こんな美しい」

クルミ、うっとりした表情で。

「でも、どうやって保存するのですか?」

「あのな、うちのお部屋にな、ミニ冷蔵庫があんねん。今年の夏、パパにおねだりして買うてもろたんや。まだまだ新品やで~」

「では、どうやってそこまで運ぶんですか? ここから大阪まで」

「それは・・・リンちゃん。あなたが―――」

 

 

リンは、走った。

ほど近い自分の家に着くと、すぐに押入れから、お仕事で東京に泊まるときに使う大きなスーツケースを引っぱり出す。

そして、再び外に出て、その華奢な身体にスーツケースを抱えると、いま来た道を急いで戻る。

なんだかワクワクする。これから死体を運ぶのだ。

そう考えると、まるで初めてのデートのように(実際、リンはまだ男の子と付き合ったことすらないのだが)心が弾み、自然と足も速まった。

やがて息を切らしつつ、クルミの待つゴミ捨て場に着いたリンは、一瞬、自分の目を疑った。

―――クルミがいない!?

 

 

≪ガサガサガサ≫

その場で呆然と立ちすくむリンの耳に、ふと、やや先にあるゴミ捨て場から、妙な音が聞こえてくる。

あわてて、ゴミ捨て場の奥まで見渡せるところに来てみると、そこでリンの足が止まった。

ゴミが詰まったいくつものビニール袋をベッドにして、女性と少女が並んで寝そべっている。

なんと、クルミは死体に添い寝し、両目を閉じたまま、右手で死者の頬をなでているのだ。

並んで眠る美しい姉妹たち。

こうしてみると、例えそこがゴミ捨て場であっても、なんともいえぬ神々しささえ、ただよっている。

一瞬、見惚れるリン。

しかし、すぐに気を取り直すと、こう言わずにはいられなかった。

「こらっ!」

この声に、いかにも邪魔されたといった感じで、めんどくさそうにクルミがうっすらと目を開く。

「ふわぁ~」

手を口もとにあて、伸びをしながら、大あくびするクルミ。

「起きなさいって!」

もはや怒る気も無くし、あきれるリン。

対してクルミは、いま目覚めたかのように、ぼんやりとした口調で。

「えへへ。死体といしょ寝るの、気持ちええ思わん?」

「あのですねぇ。人が通りかかったらどうする気ですか?」

さすがのリンも、たじたじである。

「でも、立ってたって、そりゃ見つかるときはどのみち見つかるもんや」

クルミ、妙に理屈っぽく。

「そういう問題じゃないです!」

そういうと、リン。

持ってきたスーツケースを開く。

「さっさと、これにつめましょう。クルミさんも手伝って下さい」

 

 

≪ゴロゴロゴロ≫

死体の入ったスーツケースを押すリンと、並んで歩くクルミ。

力仕事は、なぜかニコモいち華奢で、か弱いリンの担当であり、もちろんクルミは手ぶら。いもシス時代以来、根っからのお姫様気質なのである。

やがて街並みを抜け、橋が見えるころに来て、ふと、リンは寂しさのようなものにおそわれる。

それは、悲しみにも似た感情だった。

―――なぜ自分が、こんなことをしているのだろう? 真夜中に、会話も無く、最近知り合ったばかりのニコモと歩く。

それも、死体を運びながら。。。

≪ゴロゴロゴロ≫

しばらくの静寂の後、クルミが何か思いついたように、つぶやく。

「ええこと思いついた。死体は、『エライザ』と名づけるで~」

「へっ? お名前を付けて差し上げるのですか?」

「せや。人格、与えたるんや」

こうしてクルミは、その死体に「エライザ」と名付け、末永く、エライザと暮らしたのであった。

《おしまい》

スポンサーリンク

ニコ物語#6「リンとクルミとニコモの死体」