川口春奈


ふりがな
かわぐち はるな
生年月日
1995年2月10日
出身
長崎県
所属事務所
研音
ニコモになった経緯
第11回(2007年)オーディション:グランプリ
合格時学年
中1
合格時身長
155.8cm
応募理由
友だちに勧められて
初登場
2007年10月号
初表紙
2008年11月号
卒業
2011年5月号
最終的な表紙回数
15回
特記事項
  • 7780人の中から選ばれたグランプリ5人のうちの1人
  • ニコラのオーディションは、事務所に所属している人は応募できない。よって、基本的に全員が一般応募ということで、合格後、編集部の仲介により所属事務を決めることになる
  • 複数の事務所と面接の末、所属は研音に決まる。なお、研音がニコラのオーデ合格者を引き受けたのは川口が最初で最後(2019年現在)
  • 1期先輩(前年の合格者)には能年玲奈がいる
  • オーデ同期の立石晴香とは、後にユニット「ハルはる」として、Wエースとなる
  • そんな立石とは、下の名前が「ハルカ」で被るため、川口の呼び名(ニコラ誌上におけるニックネーム)は「ぱるる」に。ユニット名では後ろの「はる」が川口を指す
  • 実はもともと、芸能界やモデルのお仕事&ファッションには全く興味はなかった。長崎の田舎育ちの野生児で、日々、外遊びに勤しみ、日焼けして真っ黒。特技は釣りという女の子
  • 小6の終わりの春休み、たまたま、ニコ読だった親友(優海)とその母による強烈な勧めにより、その場(友達の家)で、イキナリ応募写真を数枚撮られ、半ば強制的にニコモオーデに応募させられる
  • それから数ヵ月後。応募したことも忘れていた頃、合格の電話が来る。ここでようやく事態を認識し、あわててニコラ(7月号)を初めて購入する。一般的に、熱心なニコ読がニコモに憧れてオーディションに応募するケースがほとんどであるため、そもそもニコラを読んだことすらないという川口は、極めて珍しいケース
  • 当然、オーデの対策も全くしていなかったため、面接では「特技は?」の問いに「ありません」。カメラテストでは「笑ってみて」との要求に「笑えません」。ようするに、何も出来なかった(でも合格!)
  • デビュー半年の2008年7月号で、早くもハワイロケに選抜される
  • 2008年11月号で念願の初表紙となると、明けて2009年は2月号で2度目の表紙。さらに、4月号では待望のピンと、一気にトップモデルとして定着する
  • 中学卒業を機に上京。女優業にも本格的に取り組む
  • レピピアルマリオ初代イメモ
  • 2010年度ニコラ部長
  • 表紙回数15回は歴代全モ5位
  • 2011年5月号でニコラを卒業。現在は、ニコラ出身女優として新垣結衣と並ぶトップクラスの活躍
  • 2012年7月号のニコラ15周年記念に寄せたOGメッセージでは、「2度目の表紙がピンだったのが思い出に残っている」とあるが、実際ピン表紙は3回

スポンサーリンク